スポンサーリンク

SDGs

 

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

SDGsって何?
国が取り組んでいる事に「個人」ができる事ってあるのかな?

 

 

そんな疑問位お答えします。

 

 

 

  • 今回のテーマ

SDGsとは?
「まずは簡単に知る事から始めよう」

 

 

 

  • 17の目標
「持続可能な開発目標」
17の目標

参照:イマココラボ

 

 

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択。「誰一人取り残さない」
持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため,
2030年を年限とする17の 国際目標。

 

 参照:外務省HPより

 

特徴は以下の5つ
普遍性:全ての国が行動

包摂性:「誰一人取り残さない」

参画型:全てのステークホルダーが役割を

統合性:社会・経済・環境に統合的に取り組む

透明性:定期的にフォローアップ

 

 

 

  • 前置き

SDGsの17の目標と5つの特徴を記述してみましたが、これだけみても「なんのこっちゃ」と思う方もいると思います。正直、この記事を書いている私も全てを把握している訳ではありません。そして、17の目標以外にも169のターゲット,232の指標があり、これら全てを「個人」が把握するなんて現実的ではありません。

なぜ?個人という言葉が出てきたのか。。。

ここが今回、私がSDGsを気になり始めたきっかけでもあります。

「誰一人取り残さない」持続可 能で多様性と包摂性のある社会の実現のため

凄いですね。こんなに大きな目標がある事を私は知りませんでした。

SDGsを知るきっかけになったのは「CTime」というSNSです。

 
誰一人残さないという事は、世界中のすべての人々という事です。私個人の力が世界に影響を及ぼすことは無いですが、一人でも多くの方がSDGsの目標を「意識」しながら取り組む事で、17の目標達成に近づくのでは無いかと思います。

〜合わせて読みたい記事〜

 

では。今回は「簡単に」と書いてある通り、

私が気になった所を書いていきたいと思います。

 

 

 

  • 17の目標で気になった目標は・・・
  • 目標5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 目標8.働きがいも経済成長も
  • 目標12.つくる責任 つかう責任

 

 

目標5.ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

と有りますが、私たち夫婦は去年、「親」になりました。

子供を授かるとどちらかが子供の面倒をみます。

「どちらか」という言葉に他意はありません。

働く方もいて、子育てをする方もいて、という意味です。

 

市からは「補助金」が15,000円ほど出たり、ショッピングモールなどに行けば子供の遊べるところがあったりと色々と生活しやすい部分もありますが、果たしてそれは「全世帯」が良い事だと感じる事なのでしょうか?

 

  • 片親での育児
  • 不安定な収入での育児
  • 育児を経て、社会に復帰する時の不憫さ

 

など、まだまだ不十分な部分は多くあります。

 

 

「これらの差別というか不安のない社会があると良いな。」

と私は思います。

 

 

そして、この「思い」が個人の目標になり、行動する事でSDGsの17の目標に繋がるのではないかなと思いますので、手探りですが行動していこうと思います。

 

 

目標8.働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

  • 働く事とは何か?
  • 収入とは?
  • 労働とは?

 

という部分を小さい子供達に理解して欲しいです。

私もまだまだ理解不足ですが、学校では「生きていく術」を学びません。

いざ、何かあってからでは遅いのが現実です。。。

 

将来Youtuberになる!!株で儲けたい!!なんでも良いから開業したい!!普通にサラリーマンをしたい!!

 

ま、それはなんでも良いんですが、現代では、

「就職=人生」

という考えがまだ定着しているのが現実です。

 

「個人の生活=人生」

になるような生き方も悪くないんじゃないかなとも思います。

 

 

それにはかなりの努力とシステムが必要になるかも知れませんが、本当に必要になるのは

「設計図と見本」

 

 

これから時代は大きく変わると思います。

将来必要な「何か」に没頭できる時代になるよう

取り組んでみます。

 

 

目標12.つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

これは、私の職業病(飲食業)というのでしょうか。最初は「お店の原価率を上げたくない」という目標を持って、食材管理をしていました。

 

SDGsの目標は後付けですが、

私が取り組む事で「1店舗」の食材ロスを管理することができます。

これが二人、三人と増えていけばかなりの「食材ロス」を削減することに繋がることでしょう。

 

小さい取り組みが大きい結果に繋がる身近な目標だと思います。

これは今でも実行していることなので「持続」していきます。

 

 

スポンサーリンク

SDGsと向き合う事は自分と向き合う事と同じ

 

SDGsと向き合う事は自分と向き合う事と同じだと思います。

 

 

  • 自分は正しい・・・
  • 自分は不便が無いから周りは気にしない・・・
  • 自分は幸せだし、他人のことまで回らない・・・

 

 

 

まぁ、確かに間違っているとは思いませんが、ちょっと寂しい気もしますよね。

 

でも、そのまま「自分」だけを気にしていても良いという事もあります。

 

 

SDGsの目標は「誰一人取り残さない」持続可 能で多様性と包摂性のある社会の実現のため

なので、「本人」も含まれるのです。

 

 

 

決して「自分だけ」と考えている方を攻めようなんて思いません。

むしろ、普通に生活している方々が、世界や全国で困っている方の力になれるとも思えません。

 

 

しかし、この17の目標に向かって、
「誰かの為に」「困っている方の為に」「この環境を変えたい」
という共感できる目標が1つでもあれば、賛同しても良いと思います。

 

 

 

 

無理に行動しなくても、一人の小さなアクションが集まり、
大きな結果を生み出す事も有ります。自分の生活も大切です。
そして、同じ時代に生きている方の幸せも願いたいと思います。

 

 

私は、これを機にSDGsに少しでも取り組み、

自分を見つめ直し、17の目標達成の力になりたいと思います。

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事