スポンサーリンク

narcissism,ナルシスト

 

おはようございます。マミアン(@mamiann396)です。

 

発信力、影響力をつけたくてTwitterを

頑張っていますが、自分でもまだまだ頑張りが足りないと思っています。

 

「俺もあんな風にできればな〜」

「もっと感情を込めたほうがいいのかな〜」

「どうしてそんなにも140文字でい言葉が出てくるのかな〜」

 

と隣の芝はなんとやらでは無いですが

周りばかり気にして、自分の意見がなかなか言えずに

Twitterを活用してます。

 

それでも400名以上のフォロワーさんが居ます。

ちゃんとした発信を心がけないといけないと思いながら

活用してます。

 

その中でふと、

 

「ナルシスト」

 

という言葉が脳裏に浮かびました。

 

今までの人生でほとんど無縁と思っていた

言葉だと信じていましたので、今でも信じていますが、、、

「ナルシスト」という言葉は本当にかっこいいと思う人が

使えばいい言葉だと思っていました。

 

しかし、それは間違いかな?と最近思い始めました。

 

うまく言葉にはできませんが

その思いを、ちょっとでも形にすべく書いていきます。

中学高校くらいにこの気持ちがあれば

将来もっと楽しくいきられたと思うんですけどね。

でも、ここまで生きてきてしまったのだからしょうがないです。

 

切り替えるしかありません。

 

スポンサーリンク

ローランドから学ぶナルシシズム

ローランド

あまりにも話題になりすぎていて

私のブログに登場させるもの烏滸がましい感じの方ですが

利用させて頂きます。

 

パッと見ても忘れることのないシルエット。

金髪のような白銀に近いような

さらっとしたロングヘアーに

スラッとした身体。

日本人離れした容姿。

 

そして、数々の名言

彼の「言葉」は本当に注目が浴びる言葉ばかりです。

 

ではちょっとだけですが、彼の名言をここに、、、

 

ローランド名言集
・下手なテレビ見ているより、鏡見ている方が楽しい
・オーラの消し方ググっても出てこないんだけど誰か知ってる人いる?
・若者にとっての「ランド」の定義が「ディズニーランド」から「ローランド」に  変わるのに、そう時間はいらない。
・ブサイクの対義語は『ROLAND』

 

とまぁ、出るわ出るわローランド節。

なんかチャラいなぁ、と知らない人は思うかもしれませんが

実際、映像で見て、本人の言葉を聞くと

異次元な内容でもなぜか「元気」が湧きます。

ま、特にファンになったというわけでは無いですけどね。

 

では、何を彼から学ぶのかというと

 

「自信を持つ」

 

という事です。

 

なーんだ簡単じゃん。と思っている方

 

彼と同じ言葉とは言いませんが

 

言葉と感情をコントロールして

常に、自分を強く高く維持することは

可能でしょうか?

 

おそらくどこかで

「めんどくせぇ」「だりぃ」とか

口走ってしまうのでは無いでしょうか?

 

彼はそんな事は言いません。

自分で頑張ってきた事、それが証明されていることを

「言葉」で表現しているからこそ

「言葉」が「名言」になるのだと思います。

 

一般人が何か言うと「迷言」になってしまいますけどね(;^^)

 

彼の生き方、「ホスト」は真似しなくてもいいと思いますが

 

生きるためのメンタリティ、向上心、野心

 

なんかは見習うものが沢山あります。

 

「今映っているテレビより鏡を見たほうが楽しい。」

 

なんて100年経っても言える気がしませんが笑笑

 

「毎日歩いていた場所を変えるだけで未来が変わった」

 

くらいは言えるようになりたいですね。

 

ローランドさんのご活躍を期待しております。

 

スポンサーリンク

もっと自分の成長を大事にしよう

成長

子供から大人になる時っていつからでしょうね?

 

気がつくと身長が高くなり、

体も大きくなり

仕事に就き

家族ができて

と、どこからが大人のかがわかりません。

 

また、テストの点数が高ければ良いのか、

50m走で一番をとったら良いのか

二番ではダメなのか、

色々。。。

 

成長を見はじめるときりがありません。

 

ですが、

「何か」に向けて頑張った事はあると思います。

 

なんでも良いんです。

 

・レギュラーになるために練習頑張ってはじめて先発で出れた

・テストで60点目標にしてたのが70点取れた

・受験に成功した。

 

いくらでも探せばあります。

 

そんな時にいかに自分を「褒められるか」が大事だと思っています。

 

日本人特有の「謙虚」さ「遠慮深さ」

これが邪魔をして、もしかしたら

自分の成長をそこで止めているかもしれません。

 

全く恨んでもなんでも無いんですが、よく母親がテレビを見ながら

「な〜にあの腰つき、いやらしい」

「この人すっごくナルシストだと思うよ、そんなにかっこよく無いのに」

「なんだ〜この人、変なの〜」

と結構批判派の意見をする人で、それを見ていた私は

そうなるような人間にはならない方がいいのかなと思っていました。

今でこそそんなの関係ないんですけどね。

私は一人っ子ですし、競争相手も家に帰ってしまえば誰もいません。

話を聞く相手も話す相手もいつも母親、父は消防士だったんで

あまり家にいなかったもので、母親しかまともに相手してくれる人は居ませんでした。

 

ま、中学高校となれば友達ともよく遊ぶようになったので

色々経験することができましたが。

 

それでも、やっぱり自分をアピールする事には

とても苦手意識がありました。

「ダメな自分」とは思いませんでしたが、

 

自分より強うそうな相手には道を譲る派でしたね。

 

部活ではあまりそんな事はなかったように思えますが、

今思えば、もっと自分を出しておけばよかったと

すごく、後悔しております。

 

なので、今ブログやツイッターであまり結果が出ていにしても

自分を責めず、やってきた事に対して

自信を持って取り組んでいきます。

 

せっかく何かに向かって行動しているんですから

それに、自分から言わないとわかりませんからね。

 

とはいえ、伝えるのがとても苦手なので

まだまだ修行しながらの発信が続くと思います。

 

頑張ります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

こんなんでいいのだろうか、

ナルシストと結構かけ離れてしまった感がありますが、

 

しかし、私が思う「ナルシスト」とは

 

SNSに自分をUPして、カッコイイアピールをするのではなく、

鏡を見ながら数十分も自分を見つめて離れられないということをするのではなく、

 

「自分に自信を持っていいんだよ!」

 

という事を強調したいです。

 

「俺は海賊王になる!!!」

 

というルフィのように、

 

「オラよりつえーやつがいるなんてワクワクすっぞ」

という孫悟空のような

 

自信に溢れた感情を表に出していきましょう。

 

確かに

それらに対して何か反応する輩もいます。

しかし、彼らも人間です。

何に反応しているのかは分かりませんが

それこそお互いを高め合うチャンスかもしれません。

 

暴力等は良くないですが、世の中にどういった人間がいるのかを知り

嘘のない自分を発信する事で

ちゃんと見てくれる人もいて、認めてくれる人も

いるんだなと思い、それを励みに頑張りましょう。

 

これでもちょっと弱気な発言かな?

 

あまり敵を作りたくないんでしょうね?

 

だって、敵を作ったらその人を傷つけてしまうかもしれませんからね。

なるべく、できる事なら穏便にをモットーに。

 

では、また明日。

 

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

スポンサーリンク
おすすめの記事