スポンサーリンク

集中力

 

おはようございます。まみあん(@mamiann396)です。

 

 

集中力低下

 

集中力が続かない

作業し始めたのにすぐに違う事に目が行ってします

 

 

こんな疑問にお答えいたします。

 

 

  • 今回のテーマ
スポンサーリンク

継続する集中力と一瞬の集中力「集中力を理解する」

 

 

 

  • 集中力について考える
  • 継続する集中力
    目的を明確に
    ブレない軸
  • 一瞬の集中力
    メモリを増やす
    ぼんやり理解しない
  • 私的な集中力の付け方
    瞑想
    好きな事一つ行動(やり過ぎない程度に)
    散歩する
    人と話す

 

 

 

  • 記事の信頼性と前置き

この記事を書いている私は、飲食店の店長を10年ほど任されている人間です。結構忙しい店舗で従事する事が多く、一つのミスが全体に響いてしまう業種という事もあり結構「集中力」が求められる仕事です。最初はミスはありましたが、現在ではある程度「ノーミス」で仕事を進められています。

今回はそんな「集中力」というお話ですが、正確には

 

「チェーン店の飲食業のようなテンポある仕事で
いかに

質の高い仕事でミスなく出来るようにするのか?」

 

のような内容で書かせていただきます。

もちろん、その他の事でも応用が効くような内容です。

是非ご覧くださいませ。

 

 

 

 

継続する集中力

集中力といって、検索しても

集中力(しゅうちゅうりょく)
とは一つの事柄に注意を集中して物事に取り組む能力

Wikipediaー集中力とは?

 

と出てきます。

説明になってない笑笑

「能力」です。と言われていますからね。よく見て集中してねって。だからそれをどうゆう意味なの?って聞いてるんですけどね。言葉ではうまく説明できないみたいです。

なので、ここでは「言葉」で説明します。「私的」な言葉です。理解できない部分もあるかと思われますが「注意を集中して取り組む能力」という感じでまとめませんので安心してください。

 

目的を明確に

ただ「体を動かす」だけでは長期的に何かを取り組んでいたとしても

 

1ヶ月前に何してたっけ?

先週やろうとしていた事を忘れてた、、、

 

なんて事が出てきます。

何を目的として、今何をしなければならないのか?

を理解して取り組む事で、「経験値」として蓄積されます。

それが、時間が経過してもいざという時に発揮できるので

目的は明確に、経験したものはしっかり「経験値」をして

蓄えていきましょう。

 

 

ブレない軸

飲食の話になりますが、教育、売り上げ対策、衛生管理、書類管理、全てを

管理しようとするなんて至難の技です。大体、1ヶ月の計画月商から行動する

内容を決めたりしますが。

 

  • 売り上げ対策に気を取られ過ぎて、掃除を怠る。
  • 教育を強化しようと力を入れるも、お客様を見る視野が狭くなる

 

こんな結果になります。

継続的に集中して取り組む内容があるなら

「ブレない軸」をしっかり持つ事が大事です。

とはいえ、いっぺんに沢山の目標を把握することは難しいので

一つ一つ「経験値」として蓄えていきましょう。

 

 

一瞬の集中力

ここが今回テーマとして書きたかった内容です。

一瞬の集中といっても「めい一杯力んで全力で取り組む」事ではありません。

これは「事故」が起きる前兆です。「焦る」が前面に出てしまうと足りたい経験値と

実力で作業をする訳ですから、当然「ミス」が起きます。最悪小さいミスなら

謝罪で済むかもしれませんが、アレルギー系や汚損、傷害のような事に発展するともう事故です。

 

そうならない為にも、自身のレベル・仕事の幅を広げていきましょう。

 

メモリを増やす

たまにパソコンで例えたりするのですが

メモリ増設できたりできれば苦労しないんですけどね。。。

 

ただ、「理解の幅」を広げることはできると思いますので

何か難しいことに直面したら

一つずつ理解して、

「一回の理解で、どれだけ理解できるのか?」という

知恵や意識を持ちましょう。

 

 

ぼんやり理解しない

チェーン店を例にしますが

一気に伝票が入る「ピークタイム」という時間帯があります。

焼肉屋さんや焼き鳥屋さんで働いていた時は

激務でした。1組のお客様で伝票5枚くらいは流れてきますから

1時間に20組ご来店あるだけでも伝票100枚さばく事になりますから

これはもう大変です。

で、ここで「経験値」が活かされた結果を求める事ができると思うのですが

 

ただ、毎日を「こなす」だけの人はかなりの確率でミスをします。

そして、私も含め「全員ミス」をします。

しかし、そのミスも「修正が効くものと効かないもの」があります。

 

 

私の場合は「修正が効く」ミスです。事前に気付くんですよね。

なぜ気づくのかというと

「確認している」からです。

当たり前のことかもしれませんが

この「確認」するかしないかで結果に大きな差を生みます。

 

3秒の確認or30分の修正

 

が私の中にはあります。

確認は3秒でできますが

失敗や修正は30分くらい後を引きます。

これを意識するだけでもそれが「集中力」につながる事もあります。

ぜひ、「確認」を継続してみてください。

いつしか行動の結果が自信に繋がり、それが集中力へと変化します。

 

 

 

 

私的な集中力の付け方

瞑想

大体30分くらいですかね。

「無心」状態で、「何か」について色々と頭の中で

考えて整理します。「何をしたいのか?」を考えて

出来れば自分なりの言葉でもいいので

「答え」を出すまで瞑想すると気が楽になります。

何事も一区切りつくとスッキリしますからね。

先ずは、そこを目指しましょう。

好きな事一つ行動(やり過ぎない程度に)

私は、ツムツムをしています笑

これ冗談ではなくて集中力が高まります。

しかし!!やり過ぎは要注意です。

もうツムツム世界から抜け出せません。

15分くらいですね。

自分の好きなキャラクターで。コイン稼ぎや点数稼ぎを

やって、ストレス発散後、集中力が上がります。

オススメです。是非やってみて下さい。

散歩する

自動販売機にジュースを買う程度で構いません。

下半身は人間の筋力が一番集まる場所です。そこを活動させる事によって

血の巡りが良くなり、頭が冴えます。

歩き過ぎは運動になって「疲労」となりますので

適度に散歩しましょう。

 

人と話す

これはかなり効果覿面なのですが

条件があります。

「人による」です。

家族と話しても今後の計画や、掃除のお話程度ですので

集中力が増すというお話にはなりにくいと思います。

例えば、「夢」を語れるような相手や

「これをする事で、結果がこうなる」と

メンターとなるような人の話を聞けた時とかがかなり

効果を発揮します。

セミナーに行くと話は早いと思いますが

望んでいない結果になる事もあります。

そこは慎重にご参加くださいませ。

スポンサーリンク

まとめ

簡単にまとめますと

集中力とは

 

「今まで経験した事を表現できる行動力」

 

という事でしょうか。

私的な言葉なので、全てではないです。

これを細かく解釈するのは、また後での記事にしたいと思います。

 

一瞬の集中力の持続性が、継続する集中力につながりますし

集中力を継続する事で、一瞬の集中力を発揮する事もできます。

 

落ち着いて行動しているのに

なんであの人は結果が出ているのだろう?

 

というのは、こういう所から来る物なのかもしれません。

集中力を上げるのも、「経験」が必要だという事です。

さ、行動しましょうか。

 

ではまた明日。

 

 

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事