スポンサーリンク

おはようございます。マミアンです。

突然ですが、手料理をご馳走したことはありますか?

自分の食事はコンビニ弁当や、スーパーの惣菜で

賄えますが、

友達が家に来た時どうしましょう?

 

スーパーでもいきますか・・・?

ま、せっかく来てくれているので

何かご馳走したいところですよね。

 

私は19歳の時に初めて下宿先から一人暮らしの

部屋に引っ越した時に

同じサッカー部の方が遊びに来てくれました。

部活終わってからすぐ遊んだので、

 

家に有る物で野菜炒めを作る事になったんですが、、、

 

結果は失敗に終わりました。

 

今でも覚えていますね。

 

「うまいうまい!」と言いながら食べてくれました笑

とても美味しい物ではなかったんですけど

優しいですね。

スポンサーリンク

失敗したのは魔法の調味料を使わなかったから。

失敗した時何を使ったのか。

 

醤油です。

 

一択で調理してました。

 

野菜を炒めて味見しては、醤油を入れて調整して

その繰り返しで炒めていくと

醤油で味付けしてるんで、焦げるんですよね。

で、仕方なく味が決まらないまま炒め物が終了。

 

その後、訳も分からず、自分で美味しくない

醤油の野菜炒めでご飯を作って食べていました。

 

「中華の素」とか使えって思うかもしれませんが、

 

全く思いつきませんでした。。。

料理をした事ないと

塩、胡椒、醤油、くらいしか知らなかったんで。

 

そんな便利なものがあるなんて思いもよらなかったです。

 

さて、野菜炒めに足りなかった物ですね。

 

「塩」です。

これが圧倒的に足りませんでした。

 

では、なぜありきたりのこの調味料を使うことがなかったのか、

塩を使わなかった理由。

 

塩ってそのまま食べると強烈にしょっぱいですよね。

 

あんなにしょっぱい物を料理に適量入れる事によって

 

劇的に味が変わるなんて思ってもいませんでした。

 

その違いを知る事で、味覇中華あじ

自分好みで使って料理を作ることが出来るようになりました。

 

世界基準では大体1日の塩の摂取量は5gと言われています、

スプーン小さじ一杯程度でしょうか。

 

多いような少ないような感覚です。

多分、「おいしい」と思い料理を作るのであれば

「塩」はかなり多くなってしまうと思います。

気になるようであれば、塩分控えめの調味料を使うとか

あまり塩を使わないような食事を加えると

バランスの良い食事生活を送れると思われます。

まとめ

魔法の調味料と言っていましたが、

「塩」ですね。

基本の調味料だと思います。

人間の体内に欠かせないものですし、

ま、摂りすぎると体に毒ですが。

料理の味を左右する貴重なものです。

 

私は、味覇や、中華あじは好きですが、

まずは、塩胡椒で味を整えてから

使う習慣があります。

やはり、「自分好み」の料理が作れるって結構

作りがいがありますよね。

もし、料理をしたことがなく、何を使って良いのか分からない方は

 

「塩」を上手に使って料理をしてみて下さい。

きっと料理に自信がつくはずです。

ではまた明日。

味の素 中華あじ 顆粒50g袋

 

スポンサーリンク
おすすめの記事