スポンサーリンク

コンプレックス

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

 

 

 

癖っ毛はやだな・・・
サラサラヘア憧れるな・・・

何でこんな「髪型」なんだろう?

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

僕のコンプレックス
「くせ毛」

 

 

 

 

  • コンプレックスに対する意識の持ち方
  • 周りと比べ過ぎ
  • 「自分を好き」になる。というか、なっていいんです。
  • 癖をどれくらい「活かせる」か試してみる

 

 

 

 

 

  • 前置き

私は思春期の頃、「癖っ毛」に悩まされてきました。。。とにかく「くるくるしてしまう髪の毛」がどうも好きになれず「改善」しようとしないし「理解」しようともしませんでした。今となっては気にもしていないし、どちらかというと「自分のくせ毛を気に入っています」。

最近では、もっと癖をつけようと「ツイスト」をかけたり、バリカンでツーブロックにしたり色々試したら、「コンプレックス」な感情はほぼ無くなりかけました。

今回は、そんな「コンプレックス」に関する記事を書きたいと思います。主に「癖っ毛」についてですが笑 

ま、気になったら「ホットペッパー」で美容室を調べて、サクッと行ってしまうといいですよ。

中には、相性の良いヘアアーティストさんと出会えるかもしれません(^^)

 

では。

 

 

 Hot Pepper Beauty
ヘアサロン【ホットペッパービューティ】 
なりたいヘアスタイルがきっと見つかる
★Hot Pepper Beauty

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】
 ホットペッパービューティ

 

 

 

周りと比べ過ぎ

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

何で自分だけ・・・

 

 

と思った事はないでしょうか?

 

周りから「キレイな髪」と言われる人はみんな「サラサラストレートヘア」

自分に無いものにとても憧れを持ち

 

持っていない自分に嫌気をさしてしまっていませんか?

 

 

 

聴き過ぎてくだらないことかと思ってしまうかも知れませんが、

 

「周りは周り、自分は自分」です。

周りを気にしても、「体質」は変わりません。

 

 

 

体重を落とす、髪の毛を短くする、位は努力でどうにでもなりますが

胸を大きくする、身長を伸ばす、足を伸ばす、は努力ではどうにもなりません。。。

 

 

 

 

まずは、「努力」でどうにでもできる部分を「意識して進化」してみては

どうでしょうか?

 

 

 

癖が強いなら、「強い部分をアピール」しても良いと思いますし

ワンポイントでアクセントとしてアピールしても良いと思います。

 

 

 

 

まずは、「自分をどう魅せるか」が大切です。

周りのことは、自分の事を理解したら見てあげましょう。

 

それでも「自分を見て欲しい他人」が側にいたら

「褒めて」あげれば良いのです。

 

自分のコンプレックスを「目の敵」にする人は「相手にしない」

に限ります。

 

「自分を好き」になる。というか、なっていいんです。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

どうせ自分なんて。。。

 

 

と、自分を責める事自体が間違っています。

 

 

色々とありますが、コンプレックスとは簡単にいうと

「劣等感」という言葉が適切に感じます。

 

 

 

 

劣等感とは、自分が人よりも劣っている感じ。と

調べれば出てきますよ。

 

まさに、その通りだと思います。

 

コンプレックスを意識してしまうということは

他人と自分を比較して、「自分が劣っていると判断した時」に感じる感情です。

 

 

 

言うなれば、「自分は自分、他人と比べるのは畑違い」と考えなければいけません。

 

例え、試合で負けたからといって、あなたが弱い訳ではありません。

勝つ準備が整っていなかっただけかもしれません。

 

 

勝つためには、「練習」「努力」「計画」「理解」色々と必要です。

ただ、自分が感じた感情(劣等感)だけを信じるのではなく。

自分が経験してきた事を信じてあげられるような

行動をしてみましょう。

 

 

 

先ずは、動くべきです。

悩むのは「動き回った後」でも遅くはありません。

 

貴方には貴方にしか持っていない「魅力」がありますよ。

 

 

癖をどれくらい「活かせる」か試してみる

 ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

先ずは、くせ(コンプレックス)をどれだけ活かせられるか行動してみましょう!!

 

 

今回は「癖っ毛」にフォーカスしているので

 

 

  • パーマをかけてみる
  • ツーブロックにしてみる
  • カラーをかけてみる
  • ツートンカラーをやってみる

 

 

 

 

やろうと思えばいくらでもやる事は出てきます。

僕はやらず嫌いで、ヘアスタイルをほとんど変えたことがありません。

 

理由は、、、「癖っ毛」にコンプレックスを持っていたからです。

 

もっと早くやっていればよかったですね。。。

 

結構楽しいので自分なりのヘアスタイルを見つけてみてはどうでしょうか?

素敵なスタイリストさんが沢山いますよ!!

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

スポンサーリンク

まとめ:くせ毛も立派な「個性」です(^^)

ある程度年齢がいってから気づきましたね。

「あ、ストレートで悩んでいる人もいるんだ・・・」

と。

 

 

 

結局人間「無い物ねだり」なんですよね。

隣の芝は青く見える的な。

 

そりゃ青く見えますよ。

「自信を持って楽しそうにしている姿を見てれば」

 

 

なので、自分も「楽しむ」ことにしました。

 

大体、「自分に無いものばかりに目が行く」のは自分に対して

失礼ですよね。

 

もっと、自分を好きになって良いと思います。

「気になるもの」を「気になって欲しいもの」に変えるのも一つの手です。

 

一度、この癖っ毛にツイストかけた時は結構面白かったです。

当時は髪が長過ぎて邪魔で切ってしまいましたが、

なかなかお気に入りのヘアスタイルでした。

 

 

もし、コンプレックスに思うのであれば、

いっそのこと「更に改良」してみてはどうでしょうか?

 

 

新しい発見がありますよ!!

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事