スポンサーリンク

おはようございますマミアンです。

 

見出しタグ。完全に勘違いをしていました。。。今でも知識不足ですが

どうしても書きたくて

リライト前提で書いていきます。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク

見出しタグの使い方h1,h2,h3~「ブログ初級編」

 

そもそも見出しとは

新聞・雑誌の記事の標題など、それを一目見てそこの内容が分かるようにしたもの。

 

 

とあります。

いやいやそんなの分かるって。

と思いながら、

 

とりあえず、HTMLコードで表すと

<h1>〜〜〜〜〜</h1>
<h2>〜〜〜〜〜</h2>
<h3>〜〜〜〜〜</h3>
<h4>〜〜〜〜〜</h4>

と書くようです。

それをビジュアル化してみると

 

ま、こんな感じの大きさに分かれるんですよね。

 

「記事を見やすくするための記し」

とでもいうんですかね。

これを入れることによって見やすくするのも

そうですが、文章を纏めやすくなりますね。

 

 

 

 

大きさの順番ではない

完全なる勘違い(;^^)

ブログを始めて2ヶ月と半

 

完全に

 

「大番」

 

だと思っていました。

 

ハズカシイ\(//∇//)\

 

というより本当に恥ずかしい。

 

どんなことかというと、

 

ひとつのブログに

<h1>〜〜〜〜〜</h1>

<h5>〜〜〜〜〜</h5>

と、見出しを小さくしてくものだと

勘違いしてました。

 

↓参考画像↓

 

え〜、と、

 

以前から

 

なんか俺のブログ、目次入れると徐々に小さくなるんだよな〜、、、

と軽い勘違いから

100記事まで大きな勘違いを繰り返していました。

 

しかし、今朝方。

 

こちらのツイートを見て。

ほうほうと思っていたのですが、

 

はっ!と

 

「もしかして、見出しの意味とは・・・」

気づかせてくれて

ちょっと直してみたところ。

 

 

 

ふ、普通になっとる・・・

 

なんて単純なミスをしてたんでしょうね。

 

気分はスッキリしたんですが、

 

もしこれを知っている方が見たとしたら

 

マミアンの実力のなさに

 

鼻で笑うこと間違いありません。

 

ま、見出しによってそんなにGoogleに影響を及ぼすとは思えない

 

というようなコメントを見ますが、

個人的な管理として

全部直していきます。

 

どう直したのかというと

1記事内でh2タグをしるしとして使用する

 

<h1>ブログの始め方</h1>←題名(タイトル)となるもの
h1は一回しか使ってはいけない。

<h2>毎日記事を書く</h2>←h2は何回でも使用OK
・・・<h3>ネタが無ければペンみて話す!</h3>  (例文)
・・・<h4>ペンについて300文字書く</h4>  (例文)

<h2>思い立ったらメモを取る</h2>

 

の様な感じで書けば良いのかと

 

 

追記・・・当時の僕はこのような見出しの使い方でブログを書いていましたが、今は少し変えてあります。
是非、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

「今日」

 

覚えました。

 

 

 

スポンサーリンク

とめ

 

こんな初歩的なミスをする人は

 

100人中、数パーセントの人間でしょう。

 

しかしあえて書かせていただきます。

 

私みたいな人が少しでも

 

現れない様に。

 

 

ま、初心者にありがちなことですね。

 

ドメイン取得して

サーバー契約して

ワードプレス 立ち上げて

プラグインでカスタムして

ブログ毎日更新して

分からない事を調べながらブログ更新して・・・

 

とやってたら初歩的な部分も

抜けてもしょうがないと思います。

 

あとで直せば良いんです。

 

提出の「期限」や

ミスを「提供」しても

 

責任は全部自分持ちです。

 

間違えたら素直に訂正しましょう。

 

自分以外誰も損してないんで

 

さっさと直しちゃいましょう。

 

ではまた明日。

 

なんて日だ!!

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事