スポンサーリンク

ルールは必要?

 

 

おはようございます。マミアン(@mamiann396)です。

 

 

髪の毛染めたい。切りたくない。

ネイル綺麗にしたい

自由な服装がいい。

 

そんなルールに縛られた
働き方という疑問にお答えします。

 

前回の記事からの続きです。

もしまだの方いらっしゃいましたらこちらからどうぞ

 

 

 

  • 今回のテーマ
スポンサーリンク

チェーン店の決まりごと(ルール)は本当に必要か?③

 

 

 

  • 基本的なルール
  • ①ヘアスタイルの自由が無い
  • ②制服の着方にも決まりがある
  • ③言葉遣いが覚えられない
  • ④「マニュアル」がそもそも難しい
  • ⑤シフトの自由が無い

 

 

前回までに①と②を書きました。ちょっと長くなりますが、

「飲食店の仕事はルールに縛られなくても出来る」

という事を書いていきたいと思います。

 

  • 前置きメッセージ

間違った解釈をして頂きたくないので書いておきます。

「ルールなんて関係ないじゃん!自分のスタイルで仕事しよう!」

と思わないで下さい。矛盾するかもしれませんが、

「ルールは大事」です。しかし、ルールばかりに気を取られすぎて、仕事に手がつかないようでは「お客様にご迷惑がかかる」という事です。

年少者や飲食店のバイトが初めての方だと、

「マニュアル」通りに仕事するのが

ちょっと難しいと思います。

そんな方達への救済?記事と思っていただければ幸いです。

サッカーでも野球でも当たり前ですが

「基本」は大事です。そして、その基本を自分のモノにしたら

結果が出るようにアレンジすると思います。

まずは、基本を覚えてからのお話です。

 

  • 記事の信頼性

私は10年以上チェーン店の飲食店で店長をしております。

先輩・上司に教わった事や、お客様からの貴重なご意見を沢山頂いた経験が有ります。

そんな体験や今後の取り組み方法などを、経験談から書いていきますので

信頼性は高いと思います。

とはいえ100%同じ状況での接客は有りませんので、行動に移すのはご本人です。

是非、ご自身の状況と照らし合わせて

読んでいただければと思います。

 

スポンサーリンク

③言葉遣いが覚えられない

言葉遣い

 

  • 主な敬語
  • 丁寧語
  • 尊敬語
  • 謙譲語

 

飲食店は何語なのでしょう?

 

調べると

「業界用語」
「接客用語」

とうまく理解しづらい事しか出てきませんが

飲食店は相手をおもてなしする場所。

昔ながらの食堂であればなんでも良いと思いますが、

「ただ、ご飯を食べに来るお客様」

に対してはそうはいきません。

ま、謙譲語で話せばうまくいくと思いますが

全ての言葉を謙譲語で話すのって

違う国の言葉を話すくらい難しいです、、、

なので、接客7大用語はとりあえず覚えておきつつ

お客様に不快な思いをさせぬような言葉遣いで

おもてなしをしましょう。

×なります ×あちらの方へどうぞ

  • ×なります

この言葉。本当によく使う人が多いです。そもそも「成る」「為る」は

「新しい状態へ変化する」

という意味が有ります。

例えば、去年私の身長は160センチでしたが

今年に入り私の身長は170センチになりました

という時に使う表現です。

 

領収書を渡す時に「こちらが領収書になります」ってよくいう人いますが、領収書が新しい領収書になってお渡しするっておかしいですよね?

丁寧語として耳で聞くぶんには聞き取れますが

意味を理解してしまうと、

  • 「こちらが領収書になります」
  • 「こちらがお水になります」
  • 「こちらが商品になります」

ってやっぱりおかしいです。

わかる方には分かってしまいますのでお気をつけ下さい。

 

  • ×あちらの方へどうぞ

これもよく使われます。

〜の方。聞き取りやすいかどうかは置いといて

何も知らないとそれが「正しい言葉」だと理解しがちです。

特に多いのは「コンビニ」です。他意はありません。

  • 「お品物の方は以上でよろしかったでしょうか?」
  • 「お会計、〜円からでございます」
  • 「〜円からのお返しになります」

ん?何がおかしいの?と思った方。

気をつけた方がいいです。

すでに解けにくい呪いが貴方の奥深くに潜んでいます。

 

さて、今回の「方へ」という言葉です。

「方へ」というのは「だいたい」の時に使ったり

「二つ以上の比較する」時に使う言葉です。

 

道を聞かれて説明するのに無難な言葉として

「このお寺に行くのであれば北の方へお進み下さい」

とか

 

スマホの比較で

こちらのAスマホの方は高スペックで、あちらのBスマホの方は低価格です。

とか、このように使うと思います。

 

なので、「お箸の方はお持ちいたしましょうか?」「お会計はあちらの方です」「お席はあちらの方へご案内します」はちょっと考えた方がいいですね。

これもまた、理解してしまえば上手く使い分けられると思いますので

ちょっとづつ改善していきましょう。

 

×〜円からお預かりします ×丁度お預かりします

  • ×〜円からお預かりします

本当にあるあるです。

これについてはすでに有名になっている言葉遣いですので

簡単に。

〜円からお預かりします。。。〜円以上預かってないからおかしい。

ただ、これだけです。

「から」というのはそれ以上という意味が有りますので、渡した側からすれば

「それ以上お金渡してないけど、もしかして渡してるの??」と思われるかもしれません。

正しくは「〜円お預かりします」と簡潔に伝えましょう。

 

  • ×丁度お預かりします

これもすごく多いです。

「丁度お預かり」

預かるという言葉は、「返す」という結果に結びつきます。

なので、言葉だけを聞いてしまうと

「預けたから返してください」

とも解釈できます。

理解してしまえば簡単に言葉を変えられると思うので

まずは、理解してみましょう。

この場合は

「〜円丁度いただきます」

が無難です。是非切り替えて活用してください。

スポンサーリンク

まとめ

「この言葉遣いは間違っている」

のような記事になりましたが、結局

「意味を理解して声に出す」

事が重要です。

おそらく、見よう見まねで声に出して働いているのでしょう。

もしかしたらテレビや漫画で覚えたのかもしれませんし

小さい時に、おままごとなので覚えてしまった言葉も

有るかもしれません。

しかし、まずは「言葉を理解する」事から進めてください。

必ずしも、全てが謙譲語で話さなければならないわけでは無いと思いますし

中には「普通に話す店員が良い」と言って下さるお客様も

居ると思います。

板前さんの「へいらっしゃい!」を聞くと

「お寿司屋さんに来たな」という気持ちになりますし

チェーン店では、ハキハキと

いらっしゃいませ!ご注文はこちらのお品ですね!
しばらくお待ちくださいませ!

 

なんて言われれば、ただ商品を来るのを待って、ただ食事を済ませて、ただ帰るだけです。

そして、お腹が空けばまたそのお店に立ち寄るでしょう。

 

そんなものです。

 

100%正しい言葉を選んで接客しようとすると

無理ゲーです。

しかし、お客様のことを思って発言をしようとすると

言葉遣いというより

「相手の気持ち」を考えて行動するようになり

それが表現できるようになれば「結果=利益」に繋がります。

私はそこから修正するのも有りかと思います。

確かにダメな言葉遣いはダメですが

言葉の意味を理解しながら、相手の事を思って発言していけば

自ずと覚えていくものです。

まずは、「覚えて仕事をする」のではなく

「相手の事を思いながら取り組む」事を意識して見てください。

飲食店は勉強をするところでは有りません。

お客様をおもてなしする場所です。

おもてなしする事で、たくさん学ぶ事ができるので

成長した気持ちになると思いますが、

順序と経緯を間違えないでください。

お客様があってこその飲食店で有り、従業員が輝いてこその飲食店

です。

来ていただいた方へのおもてなしを

考えて取り組みましょう。

ではまた明日。

 

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

スポンサーリンク
おすすめの記事