スポンサーリンク

ルールは必要?

 

 

おはようございます。マミアン(@mamiann396)です。

 

 

髪の毛染めたい。切りたくない。

ネイル綺麗にしたい

自由な服装がいい。

 

そんなルールに縛られた
働き方という疑問にお答えします。

 

  • 今回のテーマ
スポンサーリンク

チェーン店の決まりごと(ルール)は本当に必要か?

 

 

  • 基本的なルール
  • ①ヘアスタイルの自由が無い
  • ②制服の着方にも決まりがある
  • ③言葉遣いが覚えられない
  • ④「マニュアル」がそもそも難しい
  • ⑤シフトの自由が無い

 

 

  • 記事の信頼性

この記事を書いている私は、10年以上チェーン店で店長として働いている者です。ルール・マニュアルがなければ「今の立場」にいる事はできないと思っていますし、それらがある事で働く側の足枷になってしまっている事も理解しているつもりです。

今回はそんな「ルール・マニュアル」は本当に必要なのか?

というテーマによって、色々と書いていきたいと思います。

 

  • 読者への前置きメッセージ

先にお伝えしておきます。

ルールという者はただ厳しくごとをするだけのものではなく
働く側とお店を守るためのものだという事を
忘れないでください。

という事です。

とはいえ、本当に必要なルールとそうで無いルールは

あると思いますし、時と場合によっては

臨機応変に対応してもいいのでは無いか?

と思ってもおります。

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

なお、この記事は前半後半と二部作になております。

そして、この記事はとても小さな情報だという事を

予めお伝えしておきます。

「それくらい誰でもわかるよ」

というような内容かも知れませんが

誰かが「声に出したり、文字に起こしたり」する事で

現実に変化をもたらしてくれるのでは無いか?

という思いも込めております。

では、前半戦の内容をお伝えいたします。

ロスタイムはありません。

どうぞ。

①ヘアスタイルの自由が無い

髪型の自由

面接の時

私のお店は結構な知名度を誇りますので

そもそもが奇抜なヘアスタイルの持ち主は面接に来ません。

いるとすれば、「演劇」をやっている方でたまに髪型が変わる方ですかね。

でも、その方はその時期だけですので

特に何も言いませんし、相談してくれるので

問題視していません。

さて、

 

髪の色、髪の長さ

本当に会社が決めたルールで良いのでしょうか?

 

男性であれば襟足より長く無い髪の長さ、黒髪、パーマ禁止、染めるの禁止、多々あります。

女性も、髪が肩より下まであるなら、「ヘアネット」を着用し、お団子にしてまとめる事、パーマはOKだが染めるのは禁止、メイクはOKだが地味目のものにする事。

ま、納得する部分もあれば、「別にそこまでする?」という内容まで

会社のルールというものは沢山あります。

 

まぁ、社員でルールを破るような事をする人は

あまりいませんが、アルバイトさんでこれらのルールを無視する人は

かなりいます。

そして、見つけるやいなや私は「厳重注意」いたします。

全く怒っていないんですけどね。「仕事上」注意して改善しなければいけません。

しかし、今となってはあまり言いたく無いのは

 

髪の色

髪のまとめ方

メイク

 

ですかね。

髪の色は本当にどうでもよくて、緑でも赤でもなんでも良いと思います。

髪の色が黒以外になって、仕事の精度が落ちますか?

むしろ、精度は上がると思うんですよ。

「あ、私(僕)が主張している事を職場の人は認めているんだ」

と思う事で、仕事に対する自主性というか、自立心というものが

若干ですが、発達します。

時には間違った選択をする場合もありますが

そこは「注意」です。そして、「改善」「指導」も

同時に行います。

そうすると、「自立心や・自主性」があるアルバイトさんは

「自分でなんとかする」という行動に移るのです。

 

ちなみに悪い例があります。

失敗→改善→成長

の「成長」の部分が欠けてしまう方が多がいます。

その原因としては「責任感」に問題が有り。

「自由に仕事をして良いんだ」

という思考が、「責任感」という自立するために必要な部分の

成長を止めてしまい

失敗→改善→停滞

の繰り返しになり、「成長」がなくなります。

勿体無いですね。

 

せっかく取り組むのであれば、改善してから成長して欲しいものです。

素直な人の伸びしろって、本当に計り知れません。

将来後悔しないためにも今を頑張る。

こんな方は本当に少ないです。

私は時と場合にしか「今」を頑張れません。

なので、結構中途半端になってしまいますが、

このブログだけは続けていきます。

もはや生活の一部になりました。

来年にはどんな記事を書いているのか

結構楽しみです。

髪のまとめかた、メイク

さて、ちょっと脱線してしまいましたが、

長い髪はまとめる。
メイクは自由

これで良いと思います。

流石に長い髪をだらだらぶん回して仕事をされると困りますが

簡単にまとめてくれるなら十分に仕事ができます。

髪をまとめたら、コロコロローラーでホコリや髪を

取り除いてくれれば良いだけなんで。

 

メイクは自由がいいですね。

自由といっても、アイライナーくっきり、目の周りは

キラキラと、ガッツリ系のメイクをバイトにしてくる方って

あんまりいないんですよ。

だって、そういう場所ですから。むしろ普通に自分なりの

メイクできてもらって、お客様に言われたり、周りと比べたりして

自分を調整してくれた方が「成長」につながると思います。

スポンサーリンク

まとめ

最初から、

守るためだといって、ルールで従業員を縛る

というのは本当にセンスがないと思います。

確かに無法地帯になるのもどうかと思いますので、

例えば、店長に「従業員管理指揮権」的なものを与えれば

その資格を持っている人は

アルバイトの指導を柔軟にできるとかあると

便利かなとも思います。
(ちょっと説明下手ですいません)

なので、後半戦に持ち越しますが

「ルールで縛る事で従業員の成長を止めてしまうこともある」

というまとめで、前半戦を終わりにしたいと思います。

ではまた明日。

 

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

スポンサーリンク
おすすめの記事