スポンサーリンク

飲食店に転職した感想

 

おはようございます。
まみあん
@mamiann396)です

 

 

 

 

 

転職したいけど、
「飲食店」ってどうなのかな?

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

飲食店に転職した感想
「メリットとデメリット」を紹介します。

 

 

前置き
ここでは飲食店に転職した時の「メリットとデメリット」を紹介されています。簡単に仕事内容も書いてあると思いますので、これから飲食店に転職を考えている方必見です。是非、ご覧くださいませ。

 

 

メリットとデメリット
    • メリット1:学歴は関係ない
    • メリット2:時間さえあれば仕事がすぐに覚えられる
    • メリット3:従事者の平均年齢が若い
    • デメリット1:家族持ちはしんどい
    • デメリット2:働き方が難しい
    • デメリット3:給料を上げるなら出世するしかない

 

 

 

 

スポンサーリンク

メリット1:学歴は関係ない

学歴は本当に関係ありませんね。学力があっても筋力があっても、「お客様をおもてなしする信念」がないと飲食店は務まりません。最終学歴中学卒業の方が、一部上場企業の部長を務めているのも知っていますし、それ以上の業績を出している方だって探せばいるはずです。「飲食業で結果を残したい」という方は学歴関係ありません。これが第一のメリットです。

スポンサーリンク

メリット2:時間さえあれば仕事がすぐに覚えられる

飲食店の営業時間は本当に長時間です。もし、個人経営者の方が運営するなら、営業時間以上の労働時間が課せられることでしょう。で、営業時間の長い飲食店。働きたい時間帯がバラバラでも、希望する労働時間で働ける可能性があります。なので、時間さえあれば営業時間に働くことができるので仕事をすぐに覚えられることでしょう。ま、労働基準法は守りましょうね。

スポンサーリンク

メリット3:従事者の平均年齢が若い

アルバイトさんを含むと、普通の職場より平均年齢が低いのが飲食店の特徴だと思います。50違いおっさんが10代の留学生とフツーに遊びにいていますからね。もう親子ですよ。ま、バイトさんと外出するのを禁止している企業もありますので、気をつけてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事