スポンサーリンク

無駄と不必要

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

 

 

 

「無駄」が多いから効率よく仕事したいんだけど
どうすれば良いんだろう?

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

無駄と不必要は区別するべき問題。
「筋トレが無駄?」

 

 

 

 

 

  • 必要なもののために無駄は必要
  • トレーニングは無駄しかない。
  • 勉強は無駄にやらないと身につかない。
  • 無駄に時間を使わないと仕事が終わらない。

 

 

 

 

  • 前置き

「無駄」と言う単語が結構多く出てきますが、最初に伝えておきます。「無駄」=「大切」を前提に書いていきます。今回の記事は、「無駄な行動からしか必要なものは得られない」というような内容ですので、行動しているのになかなか結果が出ない人や、これから何かを始めようと思っている方に向けて書いていきたいと思います。ま、5年前の自分に向けて書いていますけどね。。。でも本当は20年前に感じて欲しかった(ToT)

ま、いいです。頑張ります!!

 

 

では。

 

 

トレーニングは無駄しかない。

筋肉をつけるために、どれだけの「無駄」をしないと筋肉は付かないんですかね?

 

 

無駄というのは「トレーニング」ですね。

ディスってはいません。あえて表現しているだけです。

 

 

 

あれだけトレーニングして、これっぽちの筋肉しかついてないじゃん・・・

という経験した方は少なくないと思います。

 

 

 

 

そもそも「筋肉って付く人に付くものなんじゃないの?」と思ってしまうくらい

理不尽な時があります。

 

 

体質にもよると思いますが、筋肉がついている人には必ず

「無駄なトレーニング期間」というものが存在しています。

 

 

どれくらいその期間があるのかは不明ですが、恐らく「無駄」だと思うくらいの

時間と労力を費やしている事でしょう。

 

 

しかし、それだけ行動しないと「筋肉」は付かないという事です。

 

 

 

 

「行動」は嘘はつきません。たまに裏切りますが。。。

でもそれは「自分の責任」です。裏切られたら

次は裏切られないように成長すればいいのです。

 

 

 

 

自分の体は自分でしかコントロール出来ませんので
(深い意味はありません。)

 

これからが勝負です。

 

納得するまで「無駄」と向き合っていきましょう。

 

 

 

 

勉強は無駄にやらないと身につかない。

中学の頃、5教科中「300点」取ることが

ほとんどありませんでした・・・

 

 

当時、僕の周りには「バケモノ」みたいな人が多くて
(田舎だから勉強くらいしかやる事なかったかも・・・)

 

 

 

5教科で「450点以上」がゴロゴロ居ました。

相当「無駄」な勉強をしないと取れない点数だと思います。

平均90点なんて取った事ありませんよ笑

 

 

 

凄いですね。ま、行動した結果ですよね。普通に考えて。

 

 

 

でも、自分でも知っていました。

勉強すればするほど、点数は上がる。って。

 

 

でも、点数が上がる、それ以上の勉強の仕方が当時の僕には

分かりませんでした。そして、今でもその「後遺症」は残っています。

 

 

大体、「若くして独立」や「学生起業家」という方は

有名大学や有名学校出身者が多いです。

 

 

 

これは「学校」が凄いのではなく、「本人」が凄いのです。

 

 

「やり方」を知っているんでしょうね。

「行動」の仕方が。

 

僕は本当に甘く見ていました。

やればやるほど上達するのは当たり前ですが、

 

 

目標に向かって行動しなければ、簡単に途中で諦めてしまいます。

 

 

 

そして、目標が決まっていたとしても

やり方(メンタル)が分からないと進めません。

 

 

それを乗り越えるためにはやはり
「無駄」を多く乗り越えなければいけないと思います。

 

 

無駄を大切なものにする人間は他ならぬ「あなた自身」です。

 

「今」を変えていきましょう。

 

無駄に時間を使わないと仕事が終わらない。

仕事って、別に早く終わったってよくありません???

 

僕は飲食店で働いていますが、

 

「売り上げ良い時くらい早く店しめたいよな・・・」

 

と考えたりします。もちろんそんな事しませんが。

 

 

 

そして、10時に出勤して、25時に帰るとかザラにありました。

今はしんどいので短くしましたが

それでも10〜21時くらいの勤務が普通です。

安定の11時間拘束とかどうかと思います・・・

 

 

 

 

無駄に時間を使わないと仕事って覚えられないんですよ・・・

 

だから、今となってはそれぞれの時間帯の「教育」が出来るので

自分の時間を浮かせる事も出来ます。

 

 

 

 

で、これを新人さんに教えるのか???という所に結構戸惑いを感じます。

「無駄な仕事=今の仕事の精度」に繋がっている部分はありますので

出来るのであれば、ある程度は無駄な仕事も「取り組んで」欲しいです。

身につけて欲しくはありません。取り組んで欲しいです。

 

 

 

 

 

とはいえ、それも「仕事」として捉えられるので

これからの時代はそういうのは控えた方が良いでしょう。

 

どう成長するかは本人に決めてもらう。

管理する側は、管理に徹底した方がお互いのためだと思います。

 

無駄も大事ですが、仕事に関してはあまり「体育会系」の事は

持ち込まない方が良いですね。。。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ:無駄を取り入れないと「力」が付きません。

上記で書いたように、「無駄」を身に付けないと、

「力」「実力

身につきません。

 

 

筋トレをする事で、筋肉痛になり、栄養をとり、休憩を取り、回復して

またトレーニング。

どれだけやるんだ・・・と言わんばかり継続しないと

体に「筋肉」が付くとこはありません。もちろんやり続けたからと言って

その分「筋肉」が付く訳ではありませんが。

 

 

 

 

筋肉をつけるために、相当な「無駄」なトレーニングをしていますよね。

では、効率のいいトレーニングってあるのでしょうか?

 

 

 

 

腹筋を割るために一日100回腹筋をやりました。

というトレーニングは普通に聞きます。

 

 

 

 

ここで、電気で筋肉を動かすと1分間で腹筋〇〇回やった効果がある機械があるけど

これ使う?

と言われて、素直に納得できますか?

 

 

 

 

 

ま、医学的に証明されているかも知れませんが、

モデルにされている方々でバキバキの人いるじゃないですか?

あの方達って、「独自に腹筋をやりつつ、道具を使っている方」ですよね?

 

 

 

真意は知りませんが、多分そうだと思いますよ。

恐らく相当な「無駄」なトレーニングをしてきたのだと思います。

 

 

 

 

 

でも、本当に「無駄」なトレーニングなのですかね?

どれだけ体を動かしてきたかは知りませんが、

100メートル走で0.1秒縮めるためにどれだけの練習が必要なのかご存知ですか?

想像を絶するトレーニングをするのです。

 

 

 

 

 

 

それだけやっても縮まらないの?というくらいトレーニングをするのです。

何事もある程度までは成長しますが、「壁」が存在します。

その壁を乗り越えるためには相当「無駄」な努力をしないと

手に入れないのが現実なのです。

 

 

 

 

宝くじを一枚買って当たる人はいると思います。

 

 

 

 

しかし、5分勉強して東大に入れたり

10分腹筋したくらいでシックスパックになれる訳なんてありません。

 

 

 

 

 

「無駄」で「必要」な物しか有りません。

あとは個人の選択と行動によって結果が変わります。

 

 

 

 

僕のブログはとても「無駄」が多いです。

しかし、「必要な無駄」だと思っています。

 

言うなれば今は「トレーニング期間」なので

甘える訳ではないですが、毎日ブログを書く事で

成長したいと思います。結果が出ないと「体感」出来ないですけどね。

今は、微々たるものですが結果は出てきています。

 

 

あと、3,000倍くらい成長すれば言う事有りません笑

ま、半分冗談で半分本気です。

今日も頑張りましょう。

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事