スポンサーリンク

自分の価値

 

 

おはようございます。そろそろブログ記事200記事達成する

まみあん(@mamiann396)です。

 

 

 

悩み

 

現在38歳、小さな悩みも大きな悩みもあります。

 

中学生の頃には思春期に悩まされ

高校生の頃には、将来に悩まされ

大学では人生に悩まされました。

今でこそ幸せですが、やはり悩みはあります。

 

 

 

そんな方へのメッセージも込めて。

疑問に答えていきます。

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

悩みを認識して理解する
「38年間の人生をまとめます」1

 

 

 

 

  • 自分とは?を考える
  • 悩み始める時期
    学生時代
  • 悩みが終わることはない
  • 悩みが解決したと思わない事
    就職
    結婚
  • 自分が背負ってる看板・立ち位置を知る
    何をしている人間なのか?
    「立ち位置」とは?
  • 安定を勘違いしない「安定=停滞」

 

 

 

  • 記事の信頼性と立ち位置

ここでは「自己紹介」を書くと分かりやすいと思います。何に悩んでいるのか?それは

「今の自分と将来の自分」が分からないからではないでしょうか?

よく出来過ぎていても、まだまだだと思っていても

未来は誰にも分かりません。そんな悩みのある方向けへの記事にします。

 恋愛向けの記事ではありません。
人生について少しでも後押しできる様な記事でございます。

 

 

私は一般的な人生を歩んできました。

むしろ裕福とまではいきませんが、不自由のない生活を

させて頂いた人間です。

親に大学まで行かせて頂き、20代後半から就職を始め

30代後半では転職もしましたが、娘を授かり

家族3人で楽しく暮らしています。

 

 

そんな生活スペックは年収400万前半の収入源があり

※1飲食店の店長をしています。

今後のレールとしては、店長の立ち位置を維持する。

もしくは、店舗展開の手助けをしてエリアマネージャーとして

従事するといった選択肢があります。

 

一見悩みはなさそうに見えますが、この簡単な文章の

中に結構な悩みを抱えています。

それは私だけではなく、皆さんも同じ事だと思います。

 

今年で私は39歳になります。

そんな39年間の「悩みや経験」を若い人たちに

理解して頂きたいです。

もちろん、自分で解決できる方は解決して頂いてください。

 

私の悩みなんて、たった一言や

ちょっと行動したくらいで乗り越えられそうなくらいの壁です。

しかし、人口約1億人以上いるこの日本で

私と同じ様に悩む人間は沢山います。

そんな方向けの記事です。

悩みは誰にでもあります。が、それを聞いてくれる人。

助言をくれる人はなかなか見つかりません。

そんな時に、この記事を見て

 

「あ、似た様に悩んでる人がいて、こんな風に
解決したり、行動したりしてるんだな」

 

 

と思っていただくだけで結構です。

あまり需要はないかとおもますが、せっかく

ここまで生きてきましたので、記事に残したいと思います。

このシリーズはここだけでは終わりません。

ちょっと長くなると思います。

お時間ありましたら、次の記事も

ご覧くださいませ。

では。

 

 

悩み始める時期

学生時代

小学生の頃に「悩んだ」という記憶はあまりありません
(悩んでいるとは思いますが忘れています)。しかし、「この人悩みあるな」と思った方は何人かいます。その代表的な例として「いじめ」です。なんでいじめがあるのだろう?となると論点が変わってきますので書きませんが、いじめの原因は「コンプレックスへの中傷」「出る杭は打たれる」「なんとなくいじめられる」「言い返さないから」と有ります。まだまだ有りますが、いじめから「自分がなんでこういう事になるんだろう?」と思い始めたりします。そこから成長していくに連れて悩みは大きくなり、口数も少なくなり、周りと疎遠になり「友達がいない」というレッテルを貼られます。「友達がいない」は私は間違っていると思います。そう思うなら思っている人がその人と「友達になる努力」をすれば良いだけなんですけどね。また話が逸れますので書きません。子供の成長なんてあっという間です。「ちょっと悩んでいる間」に体は大きくなり、精神が追いつかず「未発達な大人」として成長してしまいます。その時期が「中学生」です。この時期はとても大事なのです。恐らく、ほとんどの人がこの時期の成長に合わせて成長していないのではないでしょうか。私もその実感はあります。もし、今中学生になったらとんでもない人間に成長している様な自信があります。では、どの様に成長すれば良いのでしょうか?という質問が出てくると思いますが。正直答えはありません。が精一杯の「気持ち」を入れて書かせて頂きます。

自分から行動してみる事

です。なんでも良いのです。いきなり期末テストで5教科全て90点以上取ることはできませんから。恐らく「成長」に関しては意識してみれば何かしらの「成長」は感じられると思います。私はサッカーをしていました。「身体能力」の成長が著しく伸びたのが目に見えて分かりましたので、それに関しての「魅せ方」を意識した記憶があります。

50m走が中学一年生では7.5秒でしたが三年生になると6.2秒まで縮みました。すでに「プロレベルの身体能力」が15歳の身体には宿っていました。しかし、本人はただ「なんとなく足が早い」と理解しているだけなので、立ち位置はあまり変わりません。リレーの選手に選ばれたりするくらいでしたね、変化といえば。

ま、それは私の事例ですが、他の方を見ると、身長が伸びた、勉強して良い点数が取れる様になった、部活の練習を頑張って技術がめちゃくちゃ伸びた。とか色々有ります。

それは良い刺激にもなりましたし、楽しかったです。

では、成長が分からない方はどうするのでしょうか?

・身体的に成長が感じられない
・テストでいつも良い点数が取れない
・周りについていけない

 

こんな時です。「自分から行動してみる」のは。

何度も繰り返して申し訳ないですが

中学三年生になったからといって、一年生の勉強が分からなければ

そこからやってみる事と。

部活で、一年生の方が上手くても、三年生が泥臭く部活に熱中しても

良いと思います。もしかしたら「結果」に現れないかも知れませんが

何より、自分で行動した結果は自分には理解できます。

そこからが大事だと私は思います。

報われない一歩かも知れませんが

どこかで必要だったと思える道があるはずです

それを見つけるための一歩かも知れません。

進んでみてください。

使う時間はみんなと同じですが、活用するのは本人次第です。

使った者しか見えない景色があると思います。

是非、行動してみて下さい。

 

スポンサーリンク

さぁ、一歩を踏み出してみよう。

長くなりましたので今日はここまでです。

すいません。まだまだ文章能力が足りなくて。

学生時代は年齢が低い時に感じた感情をコントロールする事が

難しい年齢です。コントロールできていると思っていても

感情を出し過ぎてしまい周りに迷惑がかかっている事もあります。

それはしょうがない事かも知れませんが、やはりコントロールする様に

行動するべきだと思います。その年齢で将来が約束されている事はありません。

自分で行動して決断した事でしか、未来は動きません。

・親に塾に行きなさいと言われたから
・この学校を受けなさいと言われたから
・今日の晩御飯はカレーを食べなさい。。。

で、それを実行したのは「あなた」です。しっかり結果を出しているのです。

学生であれば、年齢が低い分周りの意見に流されやすい環境にいると思いますが、

自分のやりたい事を表現しても良いはずです。

少しづつでも良いので取り組んでみて下さい。

未来が変わります。

ではまた明日。

 

 

 

私がブログを始めたキッカケ

 

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事