スポンサーリンク

優しさと厳しさ

 

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

 

 

 

あの人とは上手くいくのに、
この人だと上手くいく気がしない。。。
上手くいく人の方が厳しいのに。

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

厳しさと優しさは
結局「相性」です。

 

 

 

 

  • 相性を考えてみる
  • ファーストコンタクトが大切
  • 「本気」でぶつかってこそ「相性」は分かる
  • 結局「自分」から理解しないと相性にならない。

 

 

 

 

 

  • 前置き
今回は「人の感情」の部分に関する記事を書きたいと思います。人に優しくしたり、されたりするのはありますよね。ある時、特定の人に優しくされると「気持ちが落ち着く」のですが、違う方に同じ様な優しさを向けられると「ちょっと1人にさせてください」的な感情を抱く時ってありませんか?「優しさ」だけでなく、「厳しさ」も似た様なものです。結局相性で受け入れたり、拒絶したりしていると思います。今回はそんな「感情」を書きますので是非、ご覧くださいませ。

 

では。

 

 

 

 

 

ファーストコンタクトが大切

先ず「相性」は

ファーストコンタクトで

9割決まります。

特に年少者の方や、

その時の気持ちを思い出してみてください。

 

 

 

 

特に高校生だと、「顔」で決めてしまうかもしれませんが

結局理由は「ルックス」でも良いのです。

 

 

 

自分が納得するかしないかで物事は決めています。

 

 

納得しなければ、どんな言葉をかけられても

「首を縦には降りません」

 

 

 

しかし、理解のある人や相性が良いと思う人だと

ほとんど「ノー」という関係では無いと思います。

 

 

それを決めているのは最初の出会いです。

これでほぼ9割が決まっているでしょうね。

 

 

 

「こんにちは」の挨拶一つとっても

笑顔なのか、忙しそうなのにちゃんと挨拶するのか、相手の名前を聞く前に

自分の名前を名乗ってから自己紹介するのか。

 

 

 

 

好印象なんていくらでも作れますし、

こっちが「良いな」と思ったら

そこで相性が決まります。

 

 

 

 

 

もし、「この人とは上手くいかないんだよな〜」

と思った方。その人と出会った日の事を

思い出してみて下さい。

 

 

大した出会いなんてしていないと思いますよ笑

 

だったら、これからの事を考えてみましょう。

上手く行きそうに無いなら無理に考える必要はありませんし

 

 

なんとか良い仲になりたいな。と思ったら

自分から歩み寄ってみて下さい。

 

そこから変わります。

 

 

 

「本気」でぶつかってこそ「相性」は分かる

 

部活をやっていた方なんかは

ここの部分はよく理解できると思います。

 

 

 

 

誰かと本気でぶつかり合った事ってありますか?

普通に生活していて本気でぶつかり合ったり語り合ったり

する事って滅多に無いですよね?

 

 

 

でも、これがある方と一緒にいると、

優しさも厳しさも

結構「受け入れ」てしまうんですよね。

 

 

相性が良いのか?と言われるとよく分からないのですが

同じ部活の方とは

「常に全力でぶつかり合う仲」なので

普段、何気ない生活をしている中で、とっさに文句を言われたり

優しく声を掛けられたりする事って

ごく当たり前のことなので何とも思わないのです。

 

 

しかし、違う部活の方や、あまり話した事のない

人間にその様な感情を向けられると

とっさに「警戒」してしまいます。

 

 

 

 

それはそうですよね。

その人のことを何にも知らないのですから。

 

 

まずは、「相手を知る」事から

人間関係は始まります。

知らない人に優しくされても

何されているのか理解不能ですからね。。。

 

 

 

 

結局「自分」から理解しないと相性にならない。

 

ここです。自分から相手のことを理解しようとしないと

相性というのは分かりません。

 

 

 

 

相手が、「私たちって相性良いと思います」と言ってきても

こちらが理解していないのによくわかるな???

という感じになります。

 

 

 

逆もまた然りです。

 

 

 

「優しさ」や「厳しさ」って・・・

相手の事を「理解」していないと伝わらないのです。

 

 

 

 

上司に言われるだけ言われる業務的「厳しさ」も

部下から言われる「ごますり的」な褒め言葉も

 

 

 

 

 

正直、あんな感情に気を許していると思うと

可笑しく思えてきますね。

 

 

 

相性が分からないと、感情は交差しません。

一方通行の言葉や感情は

戻ってきませんから。

 

 

より良い人間関係や職場環境を築くためにも

もう少し「相手の事を理解する」事を初めてみてはいかがですか?

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ:厳しさも優しさも結局は「同じ」性質です。

 

「あの人は優しい」

「あの人は厳しい」

と、

会社でよく話題になりませんか?

でも、優しさのせいで成長できなかったり、

厳しいお陰で色々気づきがあった事ってありませんか?

 

 

 

 

 

結局「優しさ」も「厳しさ」も

お互いの関係によって

理解の仕方が違うのです。

 

 

 

簡単に言ってしまえば「相性」ですが、それだけでは

理解できないところもありますよね。

でも、上記で述べた様にも

 

 

 

 

 

「相性が良い」と思うだけで、相手の思っている事を

理解しやすくなり、それを吸収する事で

自分のレベルが格段に上がります。

 

 

 

 

 

とはいえ、あまり相手のことを意識し過ぎてしまうと

「カリスマ」や「インフルエンサー」の様に捉えてしまうので

それだと、「自分の意思」が出せません。

 

 

 

相手が年上や格上だと理解しても良いですが

ちゃんと「自分の意見」というか「プライド」を持って接することです。

 

 

 

あなたが相手のことを「格上」と思うのであれば

向こうはあなたの「自信のレベル」をすぐに

見破ることでしょう。

 

 

優しく接してくれるかもしれませんし

厳しく接してくるかもしれません。

 

 

その時は、自分がどれ程相手のことを「理解」出来るかを

客観的に見てあげてください。

 

 

向こうがどんな思いでその「感情」を私に向けているのかを

感じるのです。

 

 

受け入れるか受け入れないかは

その後です。

 

 

無理に受け入れる必要はありません。

相性が良ければ受け入れられる事でしょう。

 

 

 

 

ただ、あなたに理解して欲しいのは、

優しさも厳しさも

同じ様な「意味」を持つという事です。

 

 

 

 

優しく声をかけても、強い口調で声を掛けても

結局「目的」が同じなのです。

 

 

今の時代「パワハラ問題」とか色々ありますから

今後、この様なことは少なくなると思いますが

 

 

 

 

厳しくされているな。と思っている方、ちょっとで良いので

相手のことを考えてみてください。

もしかしたら、貴方の為を思って接してくれているのかもしれません。

それでも合わない様なら「環境を変えるべき」です。

 

 

 

 

それ以上は自分を苦しめるだけですから。

無理は禁物です。

 

ではまた明日。

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事