スポンサーリンク

1day

 

 

おはようございます。モトブログも始めました。

まみあん(@mamiann396)です。

 

 

 

1日の時間が足りない・・・

何故24時間で1日が終わるんだろう・・・

やる事が沢山ありすぎて
何もやらずに1日がすぐに終わってしまう。

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

1日24時間。なぜ睡眠は1日1回なのか?
寝て起きて1日が終わる。

 

 

  • 1日のルーティン
  • 1日24時間をどう使うか
  • 2年の修行で身に付くスキル
  • 正直1日5分でもスキルは身に付く
  • 切り替えも大事

 

 

  • 記事の信頼性と前置き

私は飲食店で10年以上働いております。店長職も10年以上やらせて頂いておりますが、ふと

「1日の仕事量」

について考えた時があります。

1日の仕事量は変わらないのに、半年で店長になった人、3年で店長になった人様々な人が居ます。私はそんなに時間が掛かった方ではありませんでしたが、1日に働ける労働力。なぜ1日24時間しかないのか?もっと働きたいのに働けない。働くだけ働いてその分休みたいのにそれも出来ない。といった疑問を抱いていました。もちろんそれらを解決することは出来ませんので素直に

「1日24時間をうまい具合に活用していました」

今日はそんな時間の使い方の記事にしたいと思います。

今回の記事は、1日の使い方もそうですが、

1日とどう向き合って生きていくかという感じにもしていきます。

 

では。

 

1日24時間をどう使うか?

正直どう使おうがその人の勝手なんで「他人の時間の使い方」は気にもしませんが、

1人の人間が1日に使う時間は決まっています。

睡眠8時間。仕事に8時間。プライベートで8時間。

単純にこれで1日24時間は達成しますが、そう上手く行きませんよね。

私は、1日12時間を職場で過ごします。

睡眠に6時間、プライベートに6時間です。しかし、仕事は1日

12時間も働く事はありませんので、プライベートの時間は6時間〜8時間という

所でしょう。

学生さんであれば、1日に使える自由な時間は16時間ほどでしょう。

実は学生さんも結構「時間に縛られる立ち位置」の方達なんですよね。

受験勉強やらテスト勉強、バイト、ほんとお疲れ様です。

でも、それらを乗り越えて、「継続」し続けた方が

「勝ち逃げ組」です。ウサギとカメなんで。

最初早くてもあとで失速しては「人生詰み」です。

しっかり、1日の有効時間を理解して、

無駄のないように使っていきましょう。

 

2年の修行で身に付くスキル

よく寿司職人さんや大工さんに

「ここまで出来るようになるまでどれくらいかかりましたか?」

と聞かれる方がいます。大体の答えが

「2年ほど修行しました」

という答えが返ってきます。

これ勘違いして欲しくないので書きますけど。

別に、同じ事を毎日2年も続けていた訳ではないですからね。

確かに「毎日同じ作業」は行いますが、

同じ環境でやる訳ではありません。

 

  • 例えば焼き鳥屋さん

「ねぎま」

鶏モモとネギのハーモニーがたまらない一品ですね。

何も知らない人(私も含め)からすれば

「串に肉と長ネギを刺して焼いてるだけ」

の食べ物です。

しかし、職人さんからすれば

「厳選された鶏肉と長ネギを
程よいバランスで切り分けられ
一本一本丁寧に串入りして
愛情込めて焼いている」

はずです。それが職人なのです。

 

チェーン店でいいよ。とかそういう話は今回は無しです。

職人さんにしか分からない技術がそこにはあります。

何だってそうです。

サッカーもボールを相手ゴールに入れれば「1点」ですから。

しかし、それを達成するためには・・・というお話です。

 

到底「1日24時間」で身につく物ではありませんし、

2年と同じ事をしている訳ではありません。

「そのレベルに到達するには」というお話です。

もちろんすぐに結果を出す人はいるでしょう。

その方は、行動力と決断力に力がある方です。

迷いは作ってはいけません。

やるからには、行動力と決断力と継続力が大事です。

頑張りましょう。

正直1日5分でもスキルは身に付く

1日5分でも、一回経験してしまえば「脳内」で何度もやり直すことが可能です。

よくイメージする事は「失敗」です。

失敗するとストレスを感じ、頭の中で何度も何度も再生してしまいます。

そして、そこからの行動が大事で、

失敗して、何度も脳内で繰り返して、

  • 「そこで諦める」方と
  • 「そこから改善する」方

に分かれます。

 

昔、親戚のおじさんに「このギター弾いてみる?」と言われたことがありました。

当然弾いた事も有りませんので「ドレミ」すらも弾けませんでした。

ピアノであれば、鍵盤を追ってドレミファソラシドくらいは指一本で

弾けますが、ギターはどこが「ド」なのか検討もつきませんでした。

今でも鮮明に覚えています。

「上から二番目の弦の左から三番目が『ド』だよ。そこから・・・」

と順を追ってドレミファソラシドを教えてくれました。

全然弾けなかったです。頭では分かっているんですけど

メロディーにすらならないし、音も出ないし指も痛いしで

何も出来ませんでした。しかし、楽しかったんでしょう。

数日後、親戚のおじさんの所に遊びに行ったら

すんなりと「ドレミファソラシド」が弾けるようになり

「Fコード」も弾けるようになったのです。

ま、ジャカジャカ弾く事は出来ませんでしたが。

なぜ弾けるようになったのか?自宅に帰ってこっそり

ギターの練習をしていたのか?無いので出来ませんね。

答えは、

「出来なかった事でも、頭の中で何度も練習していたから」

です。これは誰もが一回は身に覚えがある事では無いでしょうか?

正直、1日何時間もやったからといって全てが身につく訳では無いと

思っていますし、時間をかければ成功するものでは無いと思っています。

ま、時間かけなければいいじゃんとは違いますけど。

 

 

 

なので、「時間がないから」というのはちょっと言い訳になってしまいますので

何を目指すかにもよりますが

もし、何かを初めてみたいと思いましたら

「1日5分でも継続して見てください」

続かなかったら辞めれば良いだけの話です。

お金をかけずにやれるほうが良いので。最初は

「ちょっとでも良いので継続し続ける」という

ことが大事です。1日にやれる事って有限ですから。

大事に使いましょう。

 

切り替えも大事

無駄なようでとても大事な事

それは

「悩む事」です。

成功者は「悩む暇があったら行動しなさい」

というのが名言みたいに言いますが、正直

私はこの言葉はあまり好きじゃ有りません。

「選択に悩んでいるなら行動しましょう。しかし、
何をやりたいか分からないなら無理してやろうとしなくても良い」

というのが持論です。

置いていかれるというデメリットはありますが、

何かを自分で選んで行動した時に、「後悔しない」というメリットはあります。

私は、悩んで悩んだクチです

「あの時やっておけばよかったな〜」とか

思いますが、本格的な後悔はしていません。

今は十分幸せです。

その幸せの最大値を伸ばせられるように行動しています。

時にはのんびり進んだりしますけどね。

人間なんで。モチベーションの浮き沈みは有ります。

切り替えも大事。悩んで悩んで小さな答えでも良いんです。

やりたいことが見つかったら行動して見ましょう。

で、ダメだったり合わなかったら切り替えましょう。

そんな柔軟性も大事です。

 

スポンサーリンク

さぁ、1日を始めてみよう。

睡眠、食事、仕事、遊び、

あっという間に時間は無くなります。

1日24時間なんて「1日」として区切らない方がいいです。

寝て起きたら「1日終わった」って気になりませんか?

私はそう思います。何もしなくても1日寝て次の日になったら

もう「次の日」です。昨日の続きではないのです。

・一ヶ月で10キロ痩せたダイエット記録!!とか
・半年勉強するだけで受験に合格!!

なんて言葉を気にしてしまうと

「1日」に対しての感覚が作業量と合わずにただ

日数が経ってしまうだけです。

本当にやりたいことが見つかったら行動して、

それでもダメなら、やりたくなかったら次に行きましょう。

失敗しても面白かったら継続するはずですし

「意義」が見つかったらやり続けるでしょう。

それが見つかるのも、時間が解決するというより

自分の行動と時間があるからこそ、自分で選択できるというものです。

それが大人でしょう。

さ、そんな1日を過ごして見てください。

ではまた明日。

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事