スポンサーリンク

StockSnap / Pixabay

おはようございます。マミアンです。最近妻がキングダムハーツをクリアしました。まだまだやりこむ事があるそうで、子育ての合間に楽しんでくれればと思います。

さて、今回は「無痛分娩」について書かせて頂きます。

妻が超安産で出産できた事、母子ともに安全に取り組めた事。「命」に関わる事で、「無痛分娩」についてあまり知らない方や、気になっている方は目を通すだけで良いです。

経験した妻の話を聞いて、考えてみてください。

今回お世話になったのは神奈川県茅ヶ崎市にある「三浦レディースクリニック」様です。

大変きれいな病院で皆さん良い笑顔で仕事をして下さいました。産婦人科についてはまたご案内できたらと思います。

では、

スポンサーリンク

無痛分娩ってすごい!!

早速結果を行ってしまいましたが、まさにこれですね。

では、何がすごいのか。簡単にご説明します。

無痛分娩は麻酔を使って痛みを和らげながら分娩する事です。

決して勘違いして欲しくないことは

「痛くないわけではない」です。

初めに言っておきます。痛いことは痛いです。これについてはまた後でご説明いたしますね。

麻酔の種類

硬膜外麻酔

無痛分娩において最も一般的に用いられる麻酔法。脊髄の近く(硬膜外腔)に麻酔薬(ロピバカインフェンタニル)を注射して鎮痛を行う。麻酔薬が胎児にほとんど影響せず、また、母親の意識もはっきりしたまま分娩を行えるといったメリットがある。分娩がすでに進行している場合、素早く鎮痛を行うために脊髄くも膜下麻酔を併用する場合もある

静脈麻酔

硬膜外麻酔が行えない場合に使用する。点滴により静脈から静脈麻酔薬を投与して鎮痛を行う。手技が容易であり重大な事故のリスクが低いが、硬膜外麻酔と比較して鎮痛効果が弱い。麻酔薬は胎盤を通過して胎児の体にも入るため、母子ともに一時的に眠くなることや呼吸が弱くなることがある

簡単に言うと、脊髄の近くから注射で麻酔する方法と、点滴で投与する方法があると言うことです。

メリットとデメリットお互いありますが、全ての人間が同じ症状になることはありません。

個人差があります。妻が行ったのは、「硬膜外麻酔」です。

背中に麻酔針が刺さりっぱなしなのでちょっと動きずらそうですが、「結果」が良かったので

医学に感謝です。

スケジュール

分娩日前日

・硬膜外麻酔の為の下準備。背中に麻酔を注入する針をさします。予め針を刺す前に麻酔をするので痛くはありません。
・バルーン処置。こればかりはかなり痛そうでしたね。痛みを思い出すと「バルーン」が一番痛かったそうです。

分娩日当日

・陣痛促進剤の投与と、麻酔投与。

麻酔も何回も投与できると言うわけではないみたいです。

自分が見た感じですと、「陣痛」「麻酔」によって和らいでいるおかげで、

気がついたら助産婦さんが「あら!!もう頭がここにきてるよ!!」

と言ってくれて、二人とも「え??もう産まれるの??」

みたいな感じになって、そこから「頑張って!頑張って!!」と助産婦さんに言われて、

先生がやってきて、頭が見えてきてからものの30分ほどで無事に産まれました!!

出産前に、出産ビデオを見せて頂きましたが、すごーーーく唸っていて、とても辛そうでした。

でも、妻も大変そうでしたけどね。すごい汗出てるし、どう力入れて良いかわからないみたいだし。

恥ずかしそうに言ってますが、「陣痛は、腰が砕けるような、便意のような痛み」と言っています。

助産婦さんも、「良いんだよ!うんちする感じで力入れて!!」と言ってましたし、

そういう感じなのでしょう。

妻の感想。

やはり、初産は怖かったみたいですね。陣痛の痛み、バルーンの痛み、切開、カテーテルなど、

妊娠したら出産まで何もしない訳にはいきませんからね。

実際には、麻酔のお陰で痛みについては特に何もなかったそうですが、「バルーン」だけはかなり痛かったそうです。

そして、「出産には痛みを感じないと母親になったという実感がないと言われてるけど、そんな事ない。落ち着いて出産することによって、落ち着いて出産することができた。こうやって元気な子が生まれてくれて本当によかった。 」と言っています。

まとめ
無痛分娩は本当にすごい。

分娩時間は大体「6時間」です。

20時20分に2,626gの可愛い女の子が生まれてくれました。

自分が数えた限り、十数回くらいしか力んでないんではないでしょうか?

夕方19時過ぎた辺りまで何してたか結構覚えています。隣で普通にスマホいじっていましたしね。

特に立会う予定なんてありませんでしたが、私が立ち去る間も無く生まれてしまった感じです。

立ち去るタイミングを失いました。。。

費用については次回書かせて頂きたいと思います。

実際に生まれてみて、お金じゃないですね。あんな安全な安産出産を見てしまったら

それくらいの「価値」は充分にありました。

今回は、担当した産婦人科の皆様に感謝の気持ちと、「無痛分娩」について少しでも知って頂きたいという思いで書かせて頂きました。

ぜひ、ご検討いただけると幸いです。

では、また明日。

スポンサーリンク
おすすめの記事