スポンサーリンク

 

飲食店で売り上げを上げる方法

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

 

 

 

どうすれば売り上げは上がるのだろう・・・
落ちる原因があるなら、
上がる原因だってあるはずでは?

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

飲食業で売り上げを上げるための
「三つの法則」

 

 

 

 

 

 

  • 売り上げを上げる三つの法則
  • 認知度を上げる
  • 客単価を上げる
  • QSCの向上

 

 

 

 

 

 

 

  • 前置き
結論から言いますと、「売り上げを上げる完璧な法則」は有りません。しかし、「努力次第で」売り上げを上げる事ができるのは事実です。どんなやり方が正しいのかは分かりませんが、私が10年以上培ってきた経験を、少しですが記事にしたいと思いますので、是非ご覧くださいませ。なお、こちらの記事の内容を実行しても「保証」するわけでは有りません。ご理解くださいませ。

 

では。

 

 

 

 

 

認知度を上げる

 

どんなに美味しい料理を作れても「知らなければ」来店につながらず

売り上げは取れません。

 

 

 

 

 

 

こだわりを持っていれば、味勝負で「口コミ」を利用し

「自分の味を理解してくれる人」をターゲットとしての

経営が成り立つかもしれませんが、

 

 

 

普通に「美味しい程度」の飲食店をどうにかしようとした時に

やはり「認知度」がモノを言います。

 

 

 

文句を言う訳では無いですが、そこら辺の「チェーン店」って

感動するほどめちゃくちゃ美味しいと言う料理は有りますか?

 

 

大抵が、「量」と「安全」を売りにしているような商品が多いと思います。

 

 

それでも売り上げを確保出来ていますし、店舗展開もしています。

業績を上げているという事はそれだけ

安心できる商品で高品質なモノを提供しているからでしょう。

 

 

 

認知度によって得られる瞬間的な「売り上げ」に騙されてはいけません。

 

 

地道に「努力」を重ね、それに合わせ「認知度」を上げていきましょう。

 

 

 

 

客単価を上げる

「値段を上げる」訳ではありません。

「客単価」を上げるのです。

 

 

 

 

 

 

例えば、お席の周りにオススメ商品の「サジェストPOP」を設置したり

従業員の名札に「オススメ商品」の写真を添えたりと

 

 

 

ちょっとした工夫で、お客様に「プラスワン商品」を頼んで頂くのです。

 

 

「量」を増やしたりしても「客単価」は上がりますが

手取り早く、何度もご利用して頂くような進め方は

「プラスワン商品」だと思います。

 

 

これで客単価を上げて売り上げは上がりますので

「サジェスト方法」を学ぶべきでしょう。

 

 

 

QSCの向上

 

飲食店のQSCは高いに越した事はありません。

たった一つのミスが命取りになることもあるのが

飲食業です。

 

 

 

 

ま、QSCについてはダラダラ書くつもりはありません。

 

正解はありませんが誠意を持って接客業を全うしましょう。

 

 

 

 

 

「安心できる商品を、笑顔で、清潔な環境」で召し上がって頂けるよう

取り組みましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ:一食入魂

これに尽きます。ただ、最高の一品をご提供するだけでは有りません。

ご来店から、お帰りになるまでの間に「サイコーな時間」を過ごして頂くことが

一食入魂です。

 

 

 

 

ただ、腹を満たすだけならご飯だけ食べれば良い。

お客様は「何を?」求めて飲食店に来店しに来るのでしょうか?

ただ、美味しいご飯を食べにきているだけだと思いますか?

 

 

それも正解ですが、もう少し「お客様」の事を考えてみましょう。

 

 

 

お客様をご自身のことに置き換えて考えてみても良いかもしれませんね。

 

 

おそらくお客様が飲食店を利用する理由は

「自分だけの空間」「自分だけの味」を求めて

来店しているのだと思います。

 

 

もし、チェーン店なら「味」はどこへ行ってもほぼ同じ味なので

「自分だけの味」というのは難しいかもしれませんが

お客様の「ご要望」を快く引き受けてくれるお店ならどう思いますか?

 

 

 

例えばラーメン屋さん。

一見普通のラーメン屋さんですが、そこには「常連様」がよく通うお店だと

評判です。

ではなぜ?常連様が通うお店なのでしょうか?

 

 

そのお店は、「お客様の要望をほぼお断りしない」そうです。

麺の茹で加減、トッピングの変更を優遇してくれる

大盛りが無料、小盛りが値引きされる、などなど。。。

 

様々な「ご要望」にお応えしているようです。

 

 

これは「また行きたくなる」お店ですね。

単純です。

これが「売り上げを上げる法則」の一つです。

 

 

自分の居場所として利用している

さっきのお話ですが、結構「わがままを聞いてくれる」って嬉しいんですよね。

 

みなさん好き嫌いってどれくらい有りますか?

僕は結構ある方だと思います。

 

 

漬物が苦手なんですよ。で、学生時代に先輩や監督と一緒に行ったカツ丼屋さんで

漬物が付いてくるじゃないですか。

残すわけにはいかないので、無理して食べてちょっと残念になった記憶があります。

 

 

好き嫌いって、わがままですよね。でも、それをご要望として

お店側が受け入れれば、お互いに「良い事」として進められます。

「この関係」が続く限り、売り上げは確保できますので

後は、このような関係のお客様をどれだけ増やせられるかが

鍵となるのです。

ま、無理してやろうとすると帰って「引かれる」ので

丁度いい雰囲気で進めることをオススメします。

 

 

 

一食入魂。どれだけこの「一品」に情熱を注ぐことができるのか。

これが売り上げを上げるための法則です。

 

 

頑張りましょう。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事