スポンサーリンク

おはようございます。マミアンです。

売り上げの方法分かりますか?

これがわかれば苦労しませんよね。

今回が「売り上げ対策」の初投稿となります。少しづつ修正していきますので、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

売り上げ対策

店長ミーティングを行う際に

よく耳にする言葉ですね。

各店長が競ってテーマを発表し、皆で情報共有して

インプットしたものを店舗でアウトプットして

各店の売り上げを上げていく事と思いますが、

実際にはどうでしょうか?

私は店長会議で売り上げ対策について話し合ったことはありますが、

実際にすぐに売り上げが上がったという

実感をしたことがありません。そして、会議では売り上げ対策の内容というより

各店取り組んだ内容をだただた発表しているだけで、

それを地域が違う各店舗が持っていったところで

実際に取り組める内容とは思えません。

なぜこのような内容になったのでしょうか?

無い頭なりに色々と考えましたが、まずたどり着いた答えが。

売り上げが上がる方法があるならさっさと教えてもらってるはず

ですね。

  • テレビでCMを流す、(知名度)
  • 店舗を増やす(物理的)

などで売り上げは上がると思いますが、

実際に劇的に売り上げが上がったという体験はほとんどの方は無いのでしょうか?

もちろん、「俺がやった売り上げ対策で劇的に変わったぞ!」という方もいらっしゃると思いますが、

今回このブログでは少しながーい目で書いていきたいと思いますので、もし、ご意見がありましたら

コメントをいただけると幸いでございます。

では、今回の主になる内容、売り上げ対策です。

以下(今後)では、大きく取り組んで欲しい内容と、細かく取り組むと良い内容を書いていきたいと思います。

人材育成

長期的な期間、継続的に高いレベルで取り組んで欲しいことです。

それは、「人材育成」です。

人無くしては飲食店は経営できません。前に似たような感じの言葉を書きましたが

まさにこれだと思います。

いきなり特売セールでお客様を呼んでも

良い運営ができなければ次に繋がりません。

どんな時でも皆が常に同じレベルで

高い水準を保って仕事をしてくれる事が

売り上げ対策につながると確信してます。

 

職業上、飲食店を訪れると、

  • 接客面
  • 衛生面
  • 元気!

という内容をついつい見ながら食事をしてしまいます。

別に粗探しをしているわけではなく、

それを吸収してその環境を自分の成長に繋げれば良いな

くらいな気持ちで考えてます。なので、

ちょっと意見がありそうな場面になった時が難しいところですが、

すごく頑張っているバイトさんでしたら

優しく伝えることもあります。

逆にもう無理だなと思ったら二度といきませんね。

自滅してください。という感じです。

これが自分のお店じゃなくてよかったと思える事が幸せですね。

人材育成について具体的な取り組み方は私が取り組んでいる事でしか書けません。

私が教えるAさんと、誰かがAさんに教える内容は

同じ目的を教えてるとしても

その人の理解度や成長は変わりますから。

では、簡単にどの様に取り組んでいるか簡単に書いていきます。

経験が大事

なんでもチャレンジさせてあげる

ですね。そして、その後のケアも大事にする事です。

飲食店で調理場に立つということは結構な責任重大な仕事だと思っています。

サッカーでいうなら11人に入る事、野球の練習でバッターボックスに入ることではなく

試合で、抑えのピッチャーに指名されるくらい大事な仕事だと思っています。例えが下手ですね。。。

ま、結構重要な仕事だと思っています。

でも、やらないとできませんよね?

よく、2年3年とアルバイトしている方々と仕事をしますが、

実際に私の仕事を引き継げる方ってその中でも半分にも満たないんですよね。

そこでその人のレベルを決めるのではなく、

どうすれば成長するのかを考えるとやっぱり

何でもチャレンジしてもらって成長して頂く事にたどり着きます。

中には「いやぁ、私にはぁ。。」という方も居ますが、

そういう人はスキップです。

次の人に行きましょう。

タイミングさえ間違わなければいつかはやろうとする

日が来るはずです。

そして、タイミングを間違えないためにも、

日々のコミュニケーションは忘れてはいけません。

いつでもトライして頂くチャンスをこちらは

用意しておきましょう。

チャレンジした後は、経験を積んでいただき

その経験者を増やす事が店長の仕事だと思っています。

まとめ

 

そんな時間がもったいないから自分がやれば良い

 

と思っている方は月商500万程度の

売り上げでこそこそ運営しといてください。

それ以上となると

本当に「感謝」という言葉と感情が自然と出てくる様になります。

もちろん月商200万でも私は「人材教育」に手を抜くことはないと思います。

なぜならその人は

大事な「人財」ですから。

これからも資産だけでなく、人財を残す事ができる様頑張りましょう。

今回もありがとうございました。

ではまた明日。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事