スポンサーリンク

人参スライサー紹介

 

おはようございます。マミアン(@mamiann396)です。

 

 

 

  「人参スライス(シリシリ)って手間だし、
   怪我するしなんかいい方法ないかな〜。」

  「どんな物を使えば効率的に
   作業ができるのかな、、、」

 

 

と、こういった疑問に答えるページです。

 

 

  • 本記事の内容
    • 人参スライスの作り方に困っている方向け
    • なぜスライサー選びが重要なのか
    • どのスライサーが「効率」いいのか

 

とこんな感じで書いていきます。

 

こちらを書いている私は

 

飲食店歴15年以上、店長歴10年以上のベテランです。

とはいえ、「技術」を持っている凄腕の店長というわけではなく

チェーン店の店長です。

 

主な特技は

 

  • 衛生管理面
  • 時間効率面
  • 対人コミュニケーション
  • 仕事は作業効率重視

 

等に長けた人物です。(経営資源については省いています)

 

今では、従業員達と楽しく仕事をするためにはどうすればいいのか?
と働き方の再構築や作業効率の見直しを模索しながら取り組んでいます。

 

というわけで今回

 

「仕事で効率化できた人参スライスのやり方」

 

について解説します。

 

とりあえず今は仕方なく人参のスライスを行っている方、
もっと効率のいい
スライ方法はないかな?と疑問や不安がある方は、ぜひご覧ください。

 

 

少し長くなるかもしれません。

予めこちらでこの記事の商品を

載せておきます。

↓ ご自身で見て確認する方は↓

↓  お先にどうぞ(^^) ↓

 

 

↓きんぴら・煮物に合わせてシリシリしたい方はこちら↓

 

↓サラダとして仕込みたい方はこちら↓

愛プロダクツ スライサー・カッター
オレンジ サイズ/約18×14×25.3cm

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

人参を効率よくスライスする方法

 

 

人参を効率よくスライスする方法は

沢山あります。

その中で、「なぜ」効率よくするのかというと

  • 品質が定まらない商品を「安定」させる
  • 時間がかかるので「時短」を目標にする
  • 怪我をしやすい道具もあるので「安全」な道具を選ぶ

 

といったところでしょうか。

もし、仕事上で「人参スライス」を仕込まなければならない

お店などがあるとしたら

「歩留まり」の問題もあると思います。

歩留まり・・・今回の場合は食材を仕込んだときに
出るロスが多く出るので困る事。

 

 

以下ではその説明をしておりますので

ぜひご覧ください。

 

 

人参スライスの作り方に困っている方

人参をスライスするのに困る時とはどんな時でしょう。

困る時というより、「なぜ困るのか?」と言った方が正しいかもしれませんね。

先ほども書きましたが、困る原因は

場合品質が安定せず、時間がかかる、そして怪我もするがある

と言った感じです。

では、なぜこのような「困る理由」が出るのでしょうか?

 

恐らく使用している「道具」がその原因を

作っているものだと思います。

弘法筆を択ばずとはよく言ったものです。

優れた技量を持つ者は道具の優劣に左右されないという意味ですが

万人の方にも使えるような道具があった方が私は良いと思うんですよね。

 

私は既に「筆を選ばず」の技術を持っている人間です。

なので、ついついお店にある道具で

「これはこう使えばこういう結果が出る」と思いがちですが

 

使用する人間は、先週入ったばかりの新人さんから

60歳超えたアルバイトさんまで沢山いらっしゃいます。

 

また、家でスライサーを使っているときに

ポンポン次から次へ買い換えるわけにはいきませんので

 

もし、使いやすい道具があるなら一つに絞って

使用した方がいいと思います。

 

あとは、用途によって使いたいスライサーを

選ぶだけだと思います。

 

 

なぜスライサー選びが重要なのか

私のお店では、「サラダ」に人参をスライスしたものを使用して

ご提供させていただいております。

なので、毎日のルーティン作業に「人参スライス」の行程は

含まれますので、求めるものは

 

  • 高品質
  • 作業時間

 

です。

 

いくら仕込むのが早くても

「太さが均一ではないもの」「長さが整っていないもの」

は見た目が悪くいい商品とは言えません。

 

そして、いくら丁寧に仕込もうとしても

時間がかかっては他の作業に支障をきたします。

 

そこで、用途によって道具を使い分けて作業効率化を測ります。

 

 

どのスライサーが「効率」いいのか

まず、煮物やきんぴらなどに使いやすい

プロピーラーライト(ダブル千切り)細千&太千です。

こちらは一見スライス中に手を怪我しやすいと

思うような商品かもしれませんが。

スライスする持ち手の野菜を

フォークやお箸なんかで刺して

スライスすると

手を怪我しにくくなると思います。

そして、歩留まり良く仕込めて

時間の短縮にも繋がる商品です。

 

 

動画で紹介できると楽なんですけどね。。。

勉強不足ですいません。

後でリライトしたいと思います。

 

 

そして「サラダ用」として人参をスライスしたい時はこちらの

商品がとてもオススメです。


愛プロダクツ スライサー・カッター
オレンジ サイズ/約18×14×25.3cm

 

これは正直、かなりのオススメ商品です。

このスライサーの魅力によって

この記事ができたと言っても過言ではありません。

 

入れられる量は限られてしまいますが

歩留まりもよく、商品の品質を

損なうこともなく、素早く仕込みが行える

とても優れた商品です。

 

難点というかデメリットといえば

「途切れずスライスしてしまう」

という所のみです。

それに関しては

適度な長さでまな板の上で切り分けるか

綺麗な調理バサミで整えるかすると

いい感じに仕上がります。

 

これはぜひ試してみてください!!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

人参をスライスするという記事ですが

こんなに文字数を増やせるとは思いませんでした。

 

半分は私の執筆能力を付ける為でもあるのですが

残りの半分は

素直に、「めちゃくちゃいいと思った商品を記事にしたかった」

 

という思いです。

なので、使い方とか色々あると思いますが

 

今回紹介した商品はとても素晴らしいものです。

 

使う方は限られてしまうと思いますが。

 

もし、スライサーでお悩みの方がいらっしゃいましたら

是非、こちらの商品をご検討してみてください。

 

今の所、ぐるぐる回すスライサーは

半年ほど壊れておりません。

しかし、1900円ほどなので、半年から一年持てば

費用対効果はあるはずです。

 

私は壊れたらまた買います笑

 

今回は「人参を効率よくスライスする方法「おすすめスライサー」

 

をご紹介させていただきました。

 

ではまた明日。

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

スポンサーリンク
おすすめの記事