スポンサーリンク

拘束時間と労働時間

 

 

おはようございます。
まみあん
@mamiann396)です

 

 

 

 

 

拘束時間は長いけど、労働時間は短いから問題ない。
労働時間は少ないけどもっと早い時間に帰りたいな・・・

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

拘束時間は私生活時間を奪います。
労働時間が短くても意味はない。

 

 

 

 

 

見て頂きたい内容
    • 1日に12時間ほど拘束されている方
    • 1日の労働時間が少ないと思っている方
    • 働き方が変えられると思っている方

 

 

 

 

前置き
そもそも今いる会社で「働き方改革」は進みません。企業というのは伝統や歴史があり、それらを守り継承していくために「社員」が居ます。改革を行なってもせいぜい「休日の確保」や「有給の取得」くらいは改善されると思いますが、根本的な「働き方」はそう簡単に進化するとは思えません。今回は飲食店について書こうと思いますので、会社の働き方に不満がある方、家族との時間がもっと作りたいのに作れない方は必見です。是非、ご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

1日に12時間ほど拘束されている方

 

12時間拘束とはいえ、出勤1時間前には起床しますし、帰宅して3時間は寝なければ

家にいる時間は思ったより短いです。

 

 

 

もし、出勤15分前に起きて出勤しているのであれば

働き方を変えてください。

 

十分にストレスを感じているはずです。

 

労働時間が短くても、お店にいる時間が長ければ

結構不自由ですからね。

 

いつもご苦労様です。

 

1日の労働時間が少ないと思っている方

 

12時間拘束でも、一日7時間の労働時間の方って少なくないと思いますが

それって、1日5時間の休憩があるという事です。

1ヶ月100時間の休憩時間って無駄じゃないですか?

 

 

普通に働いている人って、月間の休憩時間は25時間くらいです。

 

75時間も無駄に店にいるという事です。

 

こんなに残念な事はありません。

 

適正な時間で、働きやすい環境で勤められるよう

力を入れましょう。

 

 

最近では、出勤前に「今朝の8時か、、、帰るのは22時だしそろそろ疲れたな。。。」と思うように

なっています。

 

早く、この環境から脱却したいものです。

 

働き方が変えられると思っている方

自分が動けば働き方が変わると思っている方要注意です。

 

 

例えば、飲食店だと

人員を確保して、教育して、環境を変えていくと

働き方がすごく変わっていきます。

 

下手したら、店長なんて働かなくても良いくらいの

環境になったりします。

 

でも、その環境も「異動」してしまえば

また一から立て直しです。

 

 

飲食業において、「教育」は無くすことの出来ない業務ですが

教育しすぎもどうかと思います。

 

 

それなら、専門の役職を与えて教育者として

仕事をした方が良いですね。

 

でも、そうもいかないのが現状です。

あまり無理はしないでください。

 

スポンサーリンク

まとめ:結局働き方を決めるのは「会社」です。

会社から、店舗で改善してほしい事、必要な事、不必要な事、何でもいいので意見をください」と言われ改善される内容は、本当に些細なことしか改善しません。

 

 

 

僕はチェーン店で働いていますが、細かい作業系や管理系の事を

働き方改革で改善しようとすると

チェーン店全体を変えなければいけないので

「できる人(店舗)」と「できない人(店舗)」

に分かれてしまいます。

 

 

なので、特にチェーン店だと

 

  • 精算時に処理するデータを簡略化する
  • 勤務形態の見直し(有給取得、休日確保など)

 

改善点はこれくらいです。

生産性を上げる改善はいくらでもできるのですが

 

 

「やろうとすると【強制】にもなりかねないので一概に改善といっても安易に指示を出せません」

 

 

 

働き方改革で先にやるべき事は

 

  • 人員の確保
  • 新人教育
  • 管理職指導
  • 店長の育成
  • リフレッシュ

 

が大切だと思います。

 

 

 

いくら「改革や改善」と称して行動をしていたとしても

「癒し」に直結するような取り組みも組み込められなければ

仕事人間になってしまい、細い糸のようなもので自分と会社が結ばれているような物です。

いつ切れてもおかしくない糸は「ストレス」にしかなりません。

 

 

 

働く環境を整えるのも癒しですし、有給でリフレッシュして貰うのも有りですし

何より、有給に対して「お小遣い」なんて貰えるなら更に

モチベーションアップに繋がるでしょう。

 

 

話逸れましたね・・・

 

拘束時間が長いと、意識してストレスを溜めないように出来ても

無意識にストレスが溜まります。

「好きなことができないストレス」が溜まります。

 

 

家族と会えない、趣味に時間を費やせない、同じ場所から抜け出せない。

色んなストレスが見えない部分で発生しています。

 

もうそろそろ気付きましょう。

これからの時代「企業(組織)」で生き抜くには

更にストレスと共存していかなければなりません。

 

 

いきなり「辞めなさい」とは言いませんが

今の自分の延長(未来)と自分がやりたい事を

もっと見つめ直してみてください。

 

ではまた明日。

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^)

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

 \先ずは無料トライアル!!/

登録無料!マイカーシェアで平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング -
誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事