スポンサーリンク

拘束時間の比較

 

 

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

 

 

 

飲食業の拘束時間って結構長いよね・・・
他の業種はどれくらいの拘束時間なんだろう?

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

飲食店と他の業種との拘束時間を
簡単に比較してみました。

 

 

 

 

  • 様々な業種と拘束時間を比較してみる
  • 飲食業
  • 派遣会社
  • 製造業
  • 営業

 

 

 

 

  • 前置き
今回は様々な業種の拘束時間を比べてみます。個人的主観で書いていきますので、そんなに信憑性はないかもしれませんが、飲食業の拘束時間の目安は確実です。また、一般的に社会人は「1日に、どれくらい拘束されているのか?」という視点で書いていきます。結局は「自分で環境を作れる人」になるのがいいと思うのですが、そういう環境を作るのは社会であり、会社でもありますね。

 

では。

 

 

 

 

 

 

飲食業

 

ピーク中に「軸になる人」は配置したいですよね。

アルバイトさんでも良いのですが、

出来る事なら「社員さん」を1人は配置したいところです。

 

 

 

 

 

 

こういう内容はよく書くのですが、やはりアルバイトさんだけに任せるのは

ちょっと気が引けます。

でも、実力が見合わない人でも「代行業務」を任せるアルバイトさんは居ます。

本人のやる気や仕事に対する意識の高さなど

色々考慮して、「自分の判断」で任せる事はあります。

 

 

 

 

 

難しいんですよね、代行って。「貰い事故」的な事例も過去にはいくつかありましたし。

その時に、店長でなくても補佐的な社員さんが入れば

ワンクッション入り、その後に「責任者」クラスの人との話し合いで

終了することもありますから。

 

 

 

 

 

それが、アルバイトさんだと、「話にならない」となり

下手すれば運営にも支障を切らしますから考えようです。

 

 

ということを考えると、お昼と夜のコアタイムには

どうしても「社員さんは出勤」する前提で話が進みます。

 

 

 

平均すると、10〜22時の12時間。労働時間は今回はあまり触れません。

1ヶ月換算すると、およそ250時間程でしょうか。

休日の日数によっても拘束時間は変わるので、大体の数字です。

 

 

 

 

 

では、他の業種の拘束時間はどれくらいなのか見てみましょう。

 

 

派遣会社

シフト制の所もありますが、大体がすでに働き方が決まっています。

 

 

 

オーソドックスな働く時間帯は、9時〜18時です。

一日9時間拘束の8時間労働ですね。

 

 

 

1ヶ月間さんで、約200時間拘束。

労働時間は180時間前後です。

 

 

 

 

 

メリットとしては、短い時間で効率よく労働時間を稼げる

という点ですが、中には「もっと残業して賃金を増やしたい」という

方も居ると思います。

もちろん、繁忙期には対応して頂ければと思いますが

そもそも、常に忙しいならそれなりの対応がされるわけで

「常に残業」という働き方はおかしいですね。

 

 

 

 

とはいえ、月間200時間の拘束時間は僕からしたら

結構魅力的です。

 

 

これで今の給料と同じだけ貰えるなら

考えてしまいますね。

 

 

でも、派遣は選びませんが。

これは僕の意思なので他意はありません。

 

製造業

こちらの派遣と同じかもしれませんが、交代制の所もありますね。

 

 

 

 

中には定番の9時〜18時という働き方を採用している所もありますが

製造業も「繁忙期」という文字は存在します。

 

 

交代制を採用している所は信頼性があると思います。

それだけ、「対応」しないと会社が回らないという事ですからね。

 

 

 

 

で、忙しくても「通常運転」する製造業はというと?

今いる人材でなんとかやりくりしようとしている所なので

当然、拘束時間の変動幅が広いです。

 

 

 

 

今日残した仕事は明日自分が取り掛かるのです、

であれば、今日中に少しでも進めておきたいのが

人間というものだと思いますので、

進めた分「残業」となります。

そして、その残業が丸っと「拘束時間」となるので

結構しんどいです。

 

 

 

結局働く事って、自分の好きな時間だけで働けば良いわけではありません。

求められるのは、「結果」です。

 

 

 

 

とはいえ、与えられた時間で、どれだけの仕事をこなせるか。

という事も自分でコントロールすれば働きやすくなるので

 

 

 

残業がない日も「生産性」を意識して取り組めると

よきですね。

 

 

 

営業

 

この業界は本当に大変だと思います・・・

あなた達のために飲食業があるようなものです。。。

 

 

 

 

 

 

 

どんな営業職があるのかは数え切れないほどあると思います。

ルート営業、飛び込み営業、アポ取り営業、たくさんの営業があります。

 

むしろ、すべての会社の「営業」がなければいけないくらい

大切な「職業」だと思います。

 

 

 

 

この仕事ができれば、正直怖いものはないと思うくらい、この仕事ができ人は

尊敬します。

 

 

 

 

 

さて、営業職の拘束時間ですが、大体

 

 

朝の8時から夜の21時まで仕事をするのではないでしょうか。

一ヶ月換算で、270時間くらいだと思います。

こちらも休日によって左右されます。

 

 

 

 

これは、完全に個人的な感覚と、友達から聞いた内容ですが

1日で終わらない仕事をいくつもやるので

結局1日24時間じゃ足りず、どうしても拘束時間が長くなってしまうとの事です。

 

 

 

 

 

ま、会社にもよるでしょうけど。

それでも、やはり営業職の方はすごいと思います。

 

 

僕には出来ないかもしれませんね。

商品力があっても、「人に何かを勧める」というのが結構苦手です。

 

 

 

 

なので、このようなブログでは、

「自分の頑張りが評価される」という点で

地道に頑張れることが出来ます。

 

 

ここでプラスにならなくても、とりあえず家族は生きていけますからね。

 

でも、なんとかすべく、「積み上げ」ていきたいと思います。

 

 

頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:店を構える仕事は拘束時間が長めです。

 

別にね、覚悟はいらないと思いますが

「営業時間=拘束時間」

を頭の片隅に入れておいた方が

いいかもしれません。

 

 

 

 

 

上記でも書きましたが、飲食店は基本

ランチタイムがあり、ディナータイムがあります。

ディナーだけの仕事もありますが、

その場合は「売り上げが取れるからディナーだけ」という

理由があります。

ということは、忙しいので、必然的に、

営業前に仕込みをする仕事も生まれますので、

仕事をする分だけ「拘束時間は伸びます」

 

 

 

 

が、別にビビらせたいわけではありません。

 

 

 

 

僕は最初ビビっていましたけどね笑

 

 

 

 

 

 

シフトを見て、シフト通りに仕事をする。

これが当たり前だと思っていましたので、

「シフト表は正義」だと思っていました。

 

 

 

これについて書くには長くなりますね笑

 

 

 

で、結局たどり着いた答えは。

 

 

 

 

 

「拘束時間をどうにかするのも仕事として捉えても良い」

という感じです。ちょっと言葉を選びました。

大体こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

何を言いたいのかというと。

 

 

シフトは「運営するための設計図みたいなものです」

言葉は悪いですが、シフトライン(部品)がどれだけ

良い商品(売り上げ)を作るかが鍵なのです。(合ってるかな・・・?)

 

 

 

 

ということは、売り上げを上げられるシフトなら

シフトラインを自由に組み替えて良い。という考えにも至ります。

 

 

 

なので僕は、仕事の質を変えず、むしろ向上するようなシフトを作成できるよう

日々、仕事に取り組んでいます。

 

 

 

 

もちろん数ヶ月単位で目標と行動を練っていかなければなりませんが

意識して行動することで、結果は変わります。

 

 

 

 

 

 

最初は、営業時間=拘束時間だった仕事内容も

朝の立ち上げと、締め作業は分担制になり、

昼の部と夜の部をセパレート出来るような

ポテンシャルを店舗で身に付けられるようになり

 

結果、拘束時間が短くなって仕事のパフォーマンスが上がり

売り上げが上がる。

 

というサイクルで回ります。

 

 

 

時には壁に当たって乗り越えられそうにない時もあるかもしれませんが

全部乗り越えられるようなら、「拘束時間」いついて悩む事は無いと思います。

 

 

 

一緒に頑張りましょう。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事