スポンサーリンク

年下の上司

 

おはようございます。
まみあん(@mamiann396)です

 

 

 

 

 

転職すると年下の上司が居そうだよな〜
結構、怒られたりするのかなぁ。。。

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えいたします。

 

 

 

 

 

  • 今回のテーマ

飲食店では平気で年下に
「ボロクソ」
に言われます。

 

 

 

 

  • 「怒りそうな人の特徴」
  • 最初は優しい
  • 勤続年数が長い
  • 人のせいにする

 

 

 

 

  • 前置き
  • 俺が「現役」の頃は・・・
  • 俺が「若かった」頃は・・・

という上司にも嫌気がさしますが、年下の上司でも結構「クセもの」がいらっしゃいます・・・笑。今回はそんな「年下の上司にボロクソに言われる」という記事を書きたいと思います。これから飲食業に転職しようとしている方、年下の上司といい関係が築けていない方必見です。

是非、ご覧くださいませ。

 

 

では。

 

 

 

最初は優しい

本当の最初だけ「めちゃくちゃ優しい」んですよね。

数日位ですかね。優しいのは、その後は嘘かと思うくらい

豹変しますから笑

 

 

でも、言いたくて言ってる訳ではないのはなんとなく分かります。

中には、とんでもない事を言うタイミングもありますが。

 

 

「部下を受け入れる」って、結構責任重大です。

年下の上司を擁護する訳ではないですが、彼らなりに結構責任を感じているのです。

 

 

 

 

「この人を成長させなければ会社の明日は無い!」くらいに思っている方も

いると思います。だって、「従業員」と言うのは会社の看板を背負っている訳ですから

会社の看板を汚すわけにはいきません。むしろ、

ピッカピカに磨き上げなければいけないと言う

使命にかられると思います。

 

 

 

 

 

なので、実際には「人」を見なければいけないのに

「会社」「成果」「名誉」などが頭をよぎって

うまく「人間関係」が築けないのだと思います。

 

そして、「優しさ」だけでは仕事はできないのは分かっていますからね。

 

何事もバランスが大切です。

 

頑張りましょう。

 

 

 

 

勤続年数が長い

勤続年数長いとね、どうしても「周りが見えない部分が見えてしまう」ので

口を出したくなるのです。。。

 

 

 

 

 

絵に描いたような良い上司ってなかなかいませんよ笑

自分も部下を持ちますが、結構自分の感情を表に出しがちです。

それでも、ちょっとは「意識」して「相手の事」を考えながら発言したりしていますが

全てではありません。

 

 

 

 

 

長く勤務すると、一瞬にして「全て」を理解してしまうので

強引にそれに合わせようとする教育になってしまうんだと思います。

 

 

 

 

「教育」と呼べるものならいいですが、

「強制」「強要」だと「ハラスメント」問題

にまで発展する案件ですので

上司はそうならないように、

部下も、「ちょっとおかしいな?」と思ったら、信頼できそうな人に

相談するといいと思います。

それでも納得できないなら「戦う」べきです。

 

 

 

勤続年数が長い人ほど怒り易いのは自然の摂理みたいなものなので

受け流すか、乗り越えるか、戦うか選んでいきましょう。

 

みんなは「上司の為」に仕事をするわけじゃ無いですから。

 

 

人のせいにする

よくあるのは、

電話やちょっとした一コマでの「会話」に

辻褄が合わない時があります。

 

 

 

 

社員が1人減る事を聞かされておらず、「聞いていません」と言ったら「え?言ったけど?」と

ケロッと嘘をつかれました。

 

 

 

 

こういうのは、嘘でもホントでもよく無い事なので

もし、このような態度を取られたら、「おかしいな?」と感じるようにして下さい。

 

 

そもそも、社員が1人減る。と、聞かされていなかった。と言うことは、「社員が減ると言う事実」

があることは確かなのです。

 

 

 

この重要案件を、言ってないにしろ、「問題視していない」事が僕は問題だと思います。

 

 

 

 

私は、勉強は得意では無い方ですが、1ヶ月前の上司との会話くらいは

覚えられる記憶力はあります。

 

 

 

 

それを、「言ったけど?」と言われると。もう「信頼」が無くなります。

がしかし、そのような「年下の上司」とも今後とも付き合いはあるので

あまり邪険にする事は出来ないのです。

 

 

 

私が出した結論は、「とにかくお店のために働こう」と言う想いでした。

 

 

 

事件は会議室で起きてるんじゃ無い・・・ちょっと古いですが

現場(お店)の状況をなんとかできるのは現場の人だけです。

欠員が出ても売り上げが落ちても、上司は指をくわえて見ているだけしか出来ません。

ま、ちょっとは手伝ってくれますが、「お店の責任は店長の責任」です。

 

 

 

 

 

ほぼ反面教師ですが、

「なりたい自分となりたく無い他人」を忘れずに取り組みましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ:乗り越えるか、切り替えるか?「何か」は選択するべきです。

正直「年下の上司」とかあまり気にしなくても良いと思いますよ。

もし、「年下に怒られて嫌なら」

自分がされて嫌な事は他人にしなければ良いのですから。

 

 

 

 

「人を怒る」って一見すると「嫌な事」と思われがちですが

違う見方をすると、「1人の意見」なので感情を抜き取って、言葉や順序を

整理していくと、実は「あなたの事を何とかしようとしている」事が分かります。

 

 

 

 

しかし、そうは言いますが、やはり「本気」で他人の事はどうでも良いように

感情を振り回す方もいらっしゃいます。

もし、そのような方が近くに居たのならば、出来るだけ距離を置く事をオススメします。

 

 

 

 

それでも、その人が「力」を持っていると結構厄介ですが、その時は

戦っても良いですし、守りに入っても良いと思います。

 

 

 

 

仲良くしようが悪かろうが、結局は人間関係って「戦い」です。

攻めか守りしかないので、どちらか選択しましょう。

そして、攻めるか守るかをして、「共有」「共存」という過程も生まれます。

 

 

 

 

 

 

結構「共有」を優先に考える場合もありますが、

それは完全なるwinwinの関係とは言い難いので

どうせなら、

最初から「戦う」をイメージして人間関係を見てみると良いです。

 

 

 

 

 

もちろん傷つけるとかそういうイメージではないです。

「今まで自分が生きてきたスキルや言動を相手にぶつける」のです。

自分のやってきた「過去」を「自慢」するのも戦いだと思いますよ。

 

 

 

 

毎朝5キロのジョギングして、週に三回はジムに通ってるんだ〜

 

 

 

という何気ない会話でも、これらを経験した事ない人からすれば

「尊敬」「憧れ」「嫌悪感」を抱く人入るでしょう。

 

 

これが戦いです。

 

 

 

もし、年下の上司から「ボロクソ」に言われたら、

言われた事を直すのか、言われない人間になるのかは

分かりませんが、「自分の意思」を「行動」に移しましょう。

 

 

 

見返す事ができると、結構何も言わないものですよ。

何事も継続だと思います。

 

無理ならすぐに切り替えた方がいいですが、

それを乗り越えたら乗り越えたぶん

成長します。

 

適度に無理してください。

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

まみあんがブログを始めたキッカケも
是非、お立ち寄りください(^^

 

 

 

 

「まみあん」がブログを始めたキッカケ

 

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月
Anyca(エニカ)

 

 楽激安旅館からお好きな旅館・ホテルの予約もココで済みます!!

\当ブログのWPメインテーマ/

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 A8.netの申し込みページはこちら


 

 もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業

 

\ワードプレスを始めるなら/

 \初心者に人気なレンタルサーバー/

スポンサーリンク
おすすめの記事