スポンサーリンク

店長として必要なスキル三つの項目

 

おはようございます。マミアン(@mamiann396)です。

 

ちょっとしたおさらい記事です。

 

店長として押さえておきたいABC

 

  • A・・・当たり前のことを
  • B・・・馬鹿にしないで
  • C・・・ちゃんとやる

 

大まかな三つの項目です。

 

他にも沢山ありますが

 

まずはこちらを押さえて取り組んで

 

参りましょう。

スポンサーリンク

件費

人件費

まずは人件費

こちらは以前書いたものもあるので

お時間がありましたらご覧ください。

 

F/Lコストというものがあります。

 

「正解」はありませんが、一般的には

 

人件費と食材費の割合を売り上げの

 

「65%」くらいに調整するといいと言われています。

 

これでもちょっと高いくらいです。

 

では、人件費。

 

簡単に「人件費」とは?

 

人件費
社員、アルバイトなど、お店で働いた方に支払った給与の事

 

です。

 

次に「人件費率」

 

人件費率
人件費➗売り上げで導き出された数値のこと

人件費1,000,000円➗売上3,000,000円=33.33%

 

この33.33%というのを抑えようというのが

今回一つ目の項目です。

 

設定の方法は以前の記事に書いてありますが

 

行かんせん、文字がとても多いです。。。

 

なのでここでは簡単にまとめます。

 

売り上げを予測して人件費をいくら使えるか研究する

シフトパターンを構築させる

実際に作って毎月適正なシフトを研究する

 

こんな所でしょうか。

 

詳細は以前の記事に書いてありますが、

 

シフトを作るときに

無駄な労働時間を使わない事です。

 

研修や社員の残業を補うための時間調整は

やむなしです。

 

適正に管理する能力は

必ず必要になります。

 

まずは、QSCの向上を求めながら

行動して、

 

働きやすい環境を作っていきましょう。

スポンサーリンク

材費

食材費

次は食材費。

 

チェーン店であれば

 

32%〜35%を目安に取り組むと

いいと思います。

 

なぜなら仕入先と購入場所は

選ぶことができないですから。

 

もし安い食材を選んで運営したいなら

 

自分でお店を出して「経営」しましょう。

 

食材費を抑えることで大きな利益になることは

十分にあり得ますが、

「売り上げ」が取れないことには

食材費は抑えられません。

そして、チェーン店なら「看板」が

大きな宣伝効果となり

売り上げを確保している要因となります。

 

いくら同じ商品を提供しようと

自分が働いているお店の

隣に出店したとしても

 

同じ売り上げを見込める確証は

ありません。

 

まずは売り上げありきなのです。

そして、食材管理をするのであれば

 

「ロス」を出さないことです。

 

廃棄食材ですね。

 

調理ミスによる廃棄食材も含みます。

 

まずは、

  • お米
  • 野菜
  • お肉
  • ドリンク
  • レジ前商品

 

くらいのそれぞれの食材原価率を

把握しておきましょう。

 

お店の食材原価率が「35%」だったとしても

お米が6%or5%とでは大きな差があります。

細かく把握することによって、

全体の原価率をコントロールすることも

可能ですので

少しずつでも見ていきましょう。

スポンサーリンク

定費

固定費

続いて固定費です。

主な固定費
  • 家賃
  • リース代
  • 減価償却代
  • 人件費(社員分)

 

これくらいは抑えておきましょう。

 

売り上げを見ていて

いずれぼくもこんなお店を持ちたいな〜

 

と妄想するのは自由です。

しかし、そのお店の

  • 家賃はいくらか?
  • 人件費はどれくらいかかるのか?
  • 食材費はいくらか?

 

これらがパッと出てこないようじゃ

経営は難しいでしょう。

たとえ月商800万あったとしても

月商400万の売り上げと利益が変わらない

お店はザラにあります。

何を選ぶかは個人の自由ですが

なぜその結果になるのか

しっかり理解できないと

時間と投資の無駄になります。

ちゃんと見極められるよ

取り組みましょう。

まとめ

今回は

 

  • 人件費
  • 食材費
  • 固定費

 

についてまとめました。

 

変動費についてですか?

 

それは、これらが理解してからでも

遅くはないと思います。

 

アルバイトさんの給与や食材費は

変動費に入ります。

そして、販促費・水光熱費なんかも

変動費です。

なので、まずはこの記事の3つを抑えつつ

「変動費」のことも意識しながら

進めてほしいと思います。

 

一朝一夕で勤まるものではありません

3ヶ月・半年・一年と

自分のプランを立てて

取り組んでいきましょう。

 

ではまた明日。

 

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事