スポンサーリンク

おはようございます。マミアンです。

バイトテロについても関係してくると思います。

アルバイトの面接の時に「気を付けている事」は有りますか?

大体、履歴書に目を通して簡単な質問をして終わり。

というの主流になっていると思います。

今回は主に、年少者、学生をメインに記事にしていきます。

一個人のご意見です。柔軟に捉えていただければと思います。

では、

スポンサーリンク

挨拶がきちんと出来ているか。

・経歴 なぜその期間でやめたのか。そして理由

初めての印象ってすごく大事では無いでしょうか?

バイトの募集はしているが、

「すいません、ここアルバイト募集していますか?」

と飛び込みで来られたらどうでしょう。

別に、それが悪いことでは有りませんが、一般的には

「アポ」というのが大事です。

いつ、どこで、どういう準備で、誰に会う、何をする、というのを

しっかり予定しておかないと

仕事中に面接をするわけですからお互いに良い事は有りません。

 

飛び込みでも良いですが、電話でもまずは

「お忙しいところ失礼いたします。
アルバイトの募集を見て
ご応募したいとお電話いたしました。」

くらいの発言ができると良いですね。

 

面接をする側はいつでも準備ができていますが、

まずは「初対面の印象」を重視して面接する事をお勧めいたします。

初対面の印象を決める要因は、見た目と話し方で大半を占めてしまいます。

人員不足で悩んでいたとしても、「人物を見極める」ことも一つの仕事です。

焦らず、しっかりと面接できる環境を作ってから取り組みましょう。

コミュニケーションが取れているか

コミュニケーションといってもたくさん有りますね。

  • 声のトーン、スピード
  • 目を見て話せているか
  • しっかり受け答えができているか
  • 会話が成り立つ、言葉遣いは丁寧か
  • 目的がはっきりしているか

など沢山有ります。

年少者なんかはこれらのレベルを

高く行えるのは難しいです。

かといってできないはずでは無いので、

ちゃんと取り組もうという

姿勢を見てあげることが大事ですね。

 

学生になると少し経験豊富になってくるので

見極めが難しくなります。

大事なのはレスポンスです。

「目を見て、こちらが聞いた内容に対して

しっかり爽やかに対応できるか」

当たり前のことかもしれませんが、意識して聞いてみると

途中で目をそらしたり、「えーっと」とか「まぁ」、「はぁ」といった対応は

少し考えた方がいいかも知れません。

もちろん、不採用にするのではなく

採用後、どれくらい稼ぎたいのか、

仕事をする上で守ってほしい事を約束事を理解してくれるのか。

ちゃんと面接時で話し合って、それでも大丈夫なのであれば

「責任」を持って採用に踏み込みましょう。

過去の退職経歴の理由を聞く。

ここが初めてのアルバイトの面接では聞けないですが、

もし、あるのであれば聞いておくのが良いでしょう。

決してこれだけの理由で判断するわけでは有りませんが

ある程度の目安になります。

  • 臭いがきつい
  • 契約があって更新しなかった
  • 受験勉強をする為に辞めた
  • テストの成績が落ちたから

など色々な理由があります。

しかし、今回対象としている年齢の方は大抵

「嘘」を付きます。

なぜなら、

アルバイトは始めた以上決して辞めなくても良い仕事

だと思っているからです。

時間を調整すれば良いだけですからね。

それでも辞めたいというのであれば

その後仕事をする理由はないからです。

 

辞める本当の理由は、

  • 仕事がきつい
  • 周りと上手くいかない
  • 嫌いな人がいる

といった内容でしょう。

そして、「ブラックバイト」に勤めていたらそれこそ

理由は言わないと思います。怖いですからね、そういうのは。

なので、辞めた理由を聞くのは

「採用したら辞める可能性が少し上がる」

という事を理解する為です。

今までの自分のスタイルをもう少し幅広く

取り組むことが出来たらと思い、記事にいたしました。

まとめ

バイトの面接が来た→採用→教育

というルーティーンだけでは対応できない事も出てきます。

挨拶がしっかり出来て、

コミュニケーションが取れ、

過去、どのような仕事をしてきたのかという事を理解して

採用後、どのように教育していくのかが店長の仕事です。

ただ闇雲に「マニュアル」だけを教え込まないで下さい。

楽しく、そして、お客様を思って運営できる環境を整えていきましょう。

 

または面接前にこれを見た方、

怖がることはありません、「過去」自分が何をしてきたのかというのは

自分がよく解っているはずです。

稼ぎたくて来ているのは解っているので。

「どういう思いで仕事がしたいのか」

が重要です。

一緒に働ける日を楽しみにしております。

ではまた明日。

スポンサーリンク
おすすめの記事