スポンサーリンク

おはようございます。マミアンです。

くら寿司さんの事件、民事、刑事にて法的処置の準備を進めたみたいですね。

 

結果に期待します。

 

そんな彼らですが、やったことは間違っているが、

 

仕事はそれなりにやっていたはず。

 

「寿司職人」ではなく「寿司屋のアルバイト」

 

としては役に立っていただろうに

 

人生を棒に振りましたね。

店長は経営者ではないかもしれませんが、

こういう方々を雇うリスクがあるということを

 

しっかり理解しておいた方がいいです。

では、人件費設定の見直しです。

スポンサーリンク

最初に設定した人件費率が全てではない。

矛盾してますね・・・

 

400万円の売り上げに対して、

 

29.775%の人件費率でシフトを作ってみよう。

という話で前回まで話を進めてきましたが、

 

また、人件費をいじるってどういうこと??

 

という内容ですが、

前回の「シフトパターン」

ここで「実際に必要な時間を使ってシフトを引いてみる」

 

のと「予定の時間でシフトを引いてみる」

 

とでは、数時間の時間のズレがあります。

例えば、

ピークの時間は4人使いたいんだけど前後はそんなに使わない。

で、実際には平日の1日の労働時間が

39.6時間だったとしても、38時間で済んでしまうことがあると思います。

 

そんな時に、人件費の設定を見直しましょう。

どこまで調整すればいいのか?

設定の見直しといっても、

 

1日の労働時間を2時間短縮できるなら

人件費をかなり抑えられるな。

 

という考えで人件費を下げてしまうと、売り上げが上がった時に対応できません。

 

予定した人件費より少ない人件費でシフトが作れるのであれば、

1日の運営に支障が出ないようなシフトパターンを確立させましょう。

 

  • ピーク時に必要な人数を揃える
  • 休憩回しなどでシフト人数を調整
  • シフトの入れ替えをうまく使う

 

シフトパターンは店長の腕の見せ所です。

従業員の運営レベルを考えながら作成し、

誰がシフトラインに入っても、運営のパフォーマンスを

変えないよう教育しなければいけません。

 

教育中のアルバイトさんなら良いですが、

まだまだ発展途上だから、もう一人シフトに入れておかなければ、、、

 

など考えていては人件費はコントロールできません。

 

必要な時間を増やすことは、基本は出来ません。

1日1日を大事に、目標を持って取り組みましょう。



まとめ

人件費設定

 

人時売り上げ設定

 

シフトパターン設定

 

人件費の見直し

 

シフトパターンの見直し

 

の繰り返しです。

毎月シフトパターンが変わる時もあります。

そのお店の最適な人件費とシフトパターンを

 

導き出すのが店長です。

 

人・モノ・カネ・情報

 

の経営資源を駆使して取り組みましょう。

 

その頑張りが将来自分の役に立つ時が来るはずです。

 

頑張りましょう。

 

ではまた明日。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事