スポンサーリンク

今回は、「人時売り上げ」について書きます。

まず設定したのが、

あらすじ
売り上げ予測

FLコストの確認(人件費設定)

ですね。

スポンサーリンク

人時売り上げとは

売り上げに労働時間を割ったものを人時売り上げと言います。

人時売り上げ=売り上げ÷労働時間

です。

簡単に言うと、1時間に一人当たり、「いくら売り上げているか?」というのが

人時売り上げでございます。

飲食店ではこの数字をかなり重要視して見てます。

店長たちの話で、

「月間人時売り上げ計画が4,500円だったんだけど

昨日は5,000円超えてしまってすごく大変だったよ。」

という会話を聞くことがあります。

この人時売り上げは、おおよその目安。

高すぎるとシフトがカツカツでとても運営にならない状況だし。

低くても人が多過ぎて人件費を垂れ流し、利益が減ります。

こちらも売り上げ予測同様、

「適正な人時売り上げ設定」

を考えてシフトを組みましょう。

実際に計算してみよう!!

以前書いたブログを参考にしてみましょう。

飲食店人件費設定②「FLコスト」

今回は人件費を計算するのでは無いので、

「総労働時間」を用いて計算します。

売り上げ予測は400万円でしたね。

総労働時間は990時間という数字を出しました。

では、

売り上げ予測÷総労働時間をやって、人時売り上げ

を出してみましょう。

4,000,000円÷990時間=4,040.4円

という金額が出ました。

この4,040.4円が人時売り上げです。

これを高いか低いかと言い切るのではなく、あくまでも目安の数字です。

たとえ、上司がこんなの低すぎるだろう!!と言っても、

店の動線、運営タイプ、宅配を導入している、24時間運営している等で

人時売り上げは変わります。そのような事を言う人は

頭はいいかも知れませんが、ただの「バカ」です。

言葉悪いですが、本当にバカです。

店を守るのも運営するのも「店長」自身なので、

しっかり根拠ある数字を出して取り組む責任があります。

そして、それを考えてちゃんと取り組もうとしている貴方は

偉いです。そこで、

「人時売り上げを設定したのですが、

低くなり過ぎて、、、どうすればいいでしょうか?」

と相談できると、上司もちゃんと相談に乗ってくれると思います。

それでも聞いてくれない場合は私に聞いて下さい。

相談くらいは聞けます。

まとめ

①〜③まで結構有りますね。実はまだ書くことはあります。

一応、書いておくと

④シフトパターンの設定
⑤人件費設定の見直し
⑥実際にシフトを組んでみる
⑦実際に組んだシフトを1ヶ月取り組んでみて。

段階があります。

ちょっとしたマニュアルみたいな量ですね。。。

ただ、FLコストに関しては、

しっかり管理しておかないと

本当に経営自体が危うくなりますので、

ちゃんと考えて取り組めるようにしなければなりません。

別に、誰かと同じ事をしようとしなくて良いのです。

私と貴方が同じ内容のことを言っても

伝わり方は全然違ってきます。

抑えるところはしっかり抑えて、

最初は無駄に思えることでも、

改善して、成長して、結果を出して行きましょう!

活躍を期待しております。

ではまた明日。

スポンサーリンク
おすすめの記事