スポンサーリンク

おはようございます。マミアン(@mamiann396)です。

 

チャレンジ

 

職場のコミュニケーションが上手くいかないな〜

何で仲良く出来ないのかなぁ。。。

コミュニケーションって何だろう?

 

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 

  • 本記事のテーマ
スポンサーリンク

職場のコミュニケーション環境の作り方「初級編」①−1

 

 

  • コミュニケーションの取り方「初級編」

1,新人さんが入ってきたらどうする? 
  1−1:まずは挨拶!!
  1−2:新人さんが「声」を出しやすいよう接する
  1−3:皿洗いは基本中の基本   

2,新しい環境へ配属した時の行動
  2−1:まずは挨拶!!!
  2−2:次に観察!そして観察!!またまた観察!!!
  2−3:相手の言葉を聞くのでは無い、こちらが感じる!

3,否定から入る人は自分から環境を壊している。
  3−1:でもだってダガシカシ
  3−2:それってこういう事なんじゃ無い?「自分意見」
  3−3:受け入れてくれない人とは仕事ができない。

 

 

  • 前置きメッセージ

今回は初級編という事で、

「まずはここを抑えよう!」

という内容にしてあります。

初級編①のこのテーマは続編があります。

ちょっと長くなるかもしれませんが是非ご覧ください。

 

  • 記事の信頼性

私は飲食チェーン店の店長を10年以上勤めています。今まで培ってきたものといえば「売り上げの上げ方」「人材育成」「食材管理」「人件費」と簡単に言えば「経営資源」を活用して色々と経験を積んできました。そんな私が今回テーマに選んだのが「コミュニケーション」です。

私が10年以上働いてきた内容をここに書くわけにはいかないので(ボリューム的に)掻い摘んで記事にしていきます。

中には至らない部分もありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

まずは、初級編のコミュニケーション編です。

 

 

スポンサーリンク

2,新しい環境へ配属した時の行動

新環境

皆さんはどれくらいの頻度で「異動」を繰り返しますか?

中には異動もせずにそのまま職務を全うする方もいらっしゃるかと

思われますが、私は、かれこれ10店舗以上の異動を経験

致しました。

仕事内容はほとんど変わらないのですが

何たって「人間関係」の再構築がとても大変な作業でしたね・・・

幅広く見るとたくさんありますが

 

もし異動になったらどう対応するか?

 

が、今回の記事です。

是非、ご覧くださいませ。

 

2−1:まずは挨拶!!!

挨拶

どこに行ってもこれは「通過儀礼」ですね。

挨拶から始まり挨拶で終わります。

決して、「あの人は一回挨拶したからいいだろう」

ではないですからね!

「おはよう」であれば、毎日同じ人に挨拶します。

「お願いします」も挨拶の一種です。

お願いします↔︎はい

 

は、日常です。

ここから全ては始まると行っても過言ではないです。

まずは「挨拶」を抜かりなく取り組んでください!

 

新しい人の「行動」は思っているより見られてる

これは毎度「異動」を繰り返している私でも

驚いています。

え、そんな事言われてたの?と言うことも

しばしばあります。

なんで、そこまで気になるのかなぁ、、、と

思っていましたが、当然ですよね。

10数人いるような職場の「トップ」が変わるんで

主婦さんや学生さんが在籍しているような

職場を考えるとそれが自然なのではないでしょうか。

 

2−2:次に観察!そして観察!!またまた観察!!!

次は「あなたが観る」側の内容です。

大体2ヶ月目になると異動の疲れや雰囲気にも慣れて

自然に仕事ができるように

なると思います。が、そこからが本領発揮です。

ま、挨拶と平行に「観察」は行なっていた方がいいでしょう。

では、なぜ「観察」が必要なのか?

前回の記事でも書きましたが、

結論を言うと、

認める事が出来るかが重要

 

なのです。

良くありがちな悪いパターンはこちらです

 

「私が来たからには〇〇のような結果が出るよう頑張ろう!!」

 

と、まぁ間違ってはいないんですけどね、中心が「自分」になってませんか?

確かにトップが異動(社員でもOK)してきて、何とかしなければいけない

と思うのは「責任感」の表れでしょうけど、それを取り組むのは

「現場の人間」ですからね?

 

いくら、実力があって、仕事ができても

伝え方や取り組み方が現場に会わなければ

結果が出ない環境の出来上がりです。

 

もっと書くことありますが、まずは

みんなの観察から、一人一人への声の掛け方などを理解して

文字通り「全員」で目標に向かって取り組めるよう

環境を作っていきましょう。

ま、観察観察といっても常に

「ジーーーーー」っと見てても怪しまれるだけなんで

何か「会話」をしたら、相手の声から出る言葉と

心の言葉を最大限に想像するといいでしょう。

 

もしかしたらあの人はこう思っているのかな?

YESと答えてくれたけど、あの表情は本当は嫌かもしれない。

では、今度は伝え方を変えてみよう。

 

 

など、これだけでも自分の行動が変わります。

そして、自分が変われば相手も変わります。

 

ギブアンドテイク

 

これは「もらって与えて」と言う意味(安易ですいません)ですが

「あの人は何しても反応がない」「挨拶しても返してくれない」「手伝ってもこちらのことには無関心」って思いがちな気持ちってありません?

いやいや、私は「与える方」ですよ?って方でも

実際には、「与えてるから何か見返りがあるのかな?」と心のどこかで思っているはずです。

確かに間違いや正解はないかもしれませんが、これって

考えて行動するだけで結構疲れます。

 

「こんなに尽くしてるのに何も返ってこない」

 

まぁ、これは疲れます。

では、どうすればいいのか?

 

もう無意識の領域に行っちゃいましょう。

意識しなければいいんです。

「与える」という事に関してです。

 

そうですね。具体的に言うと

  • 仕事を率先して自分から行う
  • 無理な仕事はさせない
  • 無理な残業はさせない
  • 何でもかんでも「ありがとう」と言う

 

簡単に言えばこんな感じですかね。

もうこれに関しては実践しかありません。

そして、実践は失敗の連続です。

初めは違和感しかありませんが

慣れていきましょう。

 

実力で何とかしようとすると

みんなついて来ませんから;^^

 

2−3:相手の言葉を聞くのでは無い、こちらが感じる!

だんだん人間ではないような内容になって来ましたが

感じる、と言うのもそうですが、「想像力」を膨らまそう!

って事でもあります。

相手の言葉を待っていたら「結果」しか舞い込んで来ません。

 

あのぉ、店長相談があります。。。

って相談は大体ネガティブな相談しかありません。

「あ、辞めるんかなぁ、」「人間関係つらいんかなぁ」と。

 

そうならないようにも、彼らがどんな気持ちで日々仕事をしているのかを

感じて、ネガティブな結果が訪れないよう

環境を整えておく必要があります。

 

これは結構難しいですよ。もし、シフトを1ヶ月単位で

作るような店舗なら、何か起きたら全てを調整しなければなりませんから。

本当に大変です。

 

改善というかリスク回避として、「もしかしたら?」と感じる方がいるのであれば

予め、シフトを調整したもので作成するのも有りです。

人がいないからと言って、モチベーションを上げられない方を沢山シフトに入れても

「事故」ったら大変ですから。

未来予知能力を養う事も大事です。

継続しましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

新しい環境へ配属すると、能力は確実に上がります。

そして、それを繰り返すと、かなり自分の能力が

成長したという実感が湧きます。

 

でも、これだけは覚えておいてください。

 

どこへ行っても、
あなたの優れた能力は
コミュニケーションに関しては

殆ど使い道がありません。

 

実力が上がるといいましたが、それは「仕事」に関してです。

人間関係が成長するわけではありません。

もちろん、それらを意識して取り組んでいる人なら

コミュニケーション能力も向上しているはずでしょう。

 

けど、大抵は

仕事の能力が上がる人ばかりです。

理由はあります。

 

アルバイトさんに殆ど責任のある仕事を任せる事は少ない

 

からです。

これはどういう意味があるのかというと

結局、社員や店長って「一人」で仕事すると早いんですよね。

アルバイトさんとは一緒に仕事しますが、

クレーム対応や、一番忙しい日にアルバイトさんだけに任せるって

殆ど無いと思うんですよ。

 

同じベクトルで仕事をしないって事ですね。

内容は同じことをやっているが、責任ある仕事として考えると

アルバイトさんが社員さんと同じように仕事をするのは

至難の技です。もちろんご協力いただいている

方はいらっしゃいますよ。

でもそれは50人〜100人に一人くらいです。

 

なので、自然と社員や店長の仕事の質は上がるけど

人間関係が上手く作れず

どこへ行っっても同じことの繰り返しになるという訳です。

 

今一度、能力とコミュニケーションの区別を

理解して取り組んでみましょう。

時には厳しさも必要だと思いますが

 

今や時代が違います。

雇う側も考えなくては

飲食店は務まりません。

 

ではまた明日。

 

 

 \ポイントをお得にを貯めるなら/

 

 \商品が豊富に揃えてあるAmazonで簡単検索/

スポンサーリンク
おすすめの記事